スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライマリー入厩

ディアマイベイビー
6/25  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週に引き続き、トレッドミル中心にじっくりと体を動かしています。しっかりした筋肉で雰囲気は悪くありませんが、馬体にはもう少し余裕を持たせたいですし、イライラしないようじっくりと焦らずリフレッシュさせたいですね。馬体重は470キロです」(NFしがらき担当者)

オレアリア
6/25  NF空港
周回ダートコースでダク程度の運動を行っています。「この中間から軽めの乗り運動を開始しましたが、もちろん本格的と言うものではなく、乗りながら状態を確認するようにじっくりと動かしている内容です。脚元に不安が出ているわけではありませんから少しずつ乗り進めていくことは考えられますが、先週もお話した通り今回の放牧はもっと馬をしっかりさせる狙いがありますから、あまり急かさずに進めていきたいですね。馬体重は528キロです」(空港担当者)

クリーブラット
6/28 NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m周回ダートコースでキャンター2500mの調整メニューを中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~16秒のキャンターで2本元気に駆け上がっています。しっかり乗り込みを継続できており、ハロン15秒台の調整でも堪える面はありません。坂路コースでは順調な組にまったく見劣りしないパフォーマンスを見せてくれますので将来への期待は膨らむばかりです。

プライマリーコード
6/29 函館競馬場
28日にNF早来を出発し、29日に函館競馬場・佐々木晶三厩舎へ入厩しました。
6/28 NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン15秒、週1回はハロン17秒のキャンター1本の調教を行っています。調教では脚捌きに少し硬さが感じられるものの、体を大きく使ってしっかりとしたキャンターを披露しており、併せ馬では闘争心を出して相手に抜かせまいとする根性を見せています。ハロン15秒のペースにも問題なく対応していますし、ここまでじっくりと調整しながら下地を作ってきましたので、移動に向けての態勢は整いました。28日の夜に函館競馬場へ向けて移動する予定です。

スタートレイル
6/28 NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調教を行っています。6月15日の阪神競馬で半兄ジャイアントリープが見事な勝利を挙げたことにより一層期待の高まる本馬ですが、調教で見せる動きからは兄にヒケを取らない素質を秘めていることが感じられ、今後の成長が楽しみでなりません。今はその素質の芽を開花させるため、必要となる土台を築いているところですので、焦らず丹念に乗り進めていきます。

キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)

ロレーヌクロス出走

6月21日付 関西 牡馬
シルクアポロン  [父タイキシャトル:母ロイヤルオーキッド]
在厩場所:北海道・フロンティアスタッド 
調教内容:屋内トラックと坂路コースでキャンター 
次走予定:函館開催 
牧場長「引き続き週1本15-15の調整で、馬体が緩まないよう乗り込んでいま
す。DDSPの症状に関しては、全く気にならないという訳ではないですが、
成長とともに良くなるものですし、あまり神経質になることもないでしょう。
体調などは問題ないので、いつ声が掛かっても良い状態にしています」

6月20日付 関東 牡馬
ロレーヌクロス  [父マンハッタンカフェ:母ウィストラム]
在厩場所:函館競馬場 
調教内容:函館Wコースで12日、19日に時計 
次走予定:今週土曜日の函館・D1,700m[54 秋山] 
調教師「芝も走れるのではないかと思い、特別登録をしておきましたが、やは
り実績のあるダートから使っていこうと思います」

6月21日付 関西 牝馬
ローブティサージュ[父ウォーエンブレム:母プチノワール]
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港 
調教内容:ウォーキングマシン 
次走予定:7月28日の函館・クイーンSを予定も流動的 
担当者「今週もマシンの運動に留め、馬体回復を図っていますが、まだ戻り切
っていない感じですね。状態を確認に来場した須貝調教師は『もう一つ馬体の
戻りが遅いし、秋のGⅠ戦線を考えるともう少しフックラさせたいね。一応ク
イーンSを考えてはいるけど、あまり無理させたくはないし、現時点では使わ
ない可能性の方が高いかな』と仰っていました。あくまでも馬の状態次第とい
うことですので、無理にスケジュールを合わせるのではなく、もうしばらくは
様子を見ながら徐々に進めていくことになると思います」

ロレーヌクロス  /田中博19函W良     68.5- 53.6- 39.4- 12.9 G前仕掛け
    ピグマリオン(古500万)馬なりの内を0.6秒追走同入

6月22日出走 牡馬
ロレーヌクロス  /函館7R 500万下 (D1,700m)
          13頭6枠9番 54kg 秋山     発走13:05
調教師「先週はまだ息遣いが重かったのですが、今週は良くなりましたよ。こ
れまで短距離中心に使っていたようですが、今回は小回りコースですし、距離
は保つのではないでしょうか。転厩初戦で、どんな競馬をしてくれるか楽しみ
にしています」

シルクホースクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)

キャロ稼動馬なし

ディアマイベイビー
6/18  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間はトレッドミル中心にゆったりと動かすようにしています。大きなダメージはなさそうですが、この期間にしっかりとリフレッシュさせたいですし、まずは楽をさせて疲れを取りきってから乗り出していく方針です」(NFしがらき担当者)

オレアリア
6/18  NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「ここまで競馬で4走していますが、体力が付き切っているわけではありませんし、この夏を上手く過ごせれば先々でこれまで以上の競馬を見せられるようになるでしょう。焦らずジックリと動かして行って、成長曲線にあった負荷をかけていきたいと思います」(空港担当者)

キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)

オークス

ローブティサージュ
オークスの写真

ローブティサージュ

ローブティサージュ

ローブティサージュ



13.05.19撮影:アイス 写真について

ロレーヌクロス、来週出走予定

6月14日付 関西 牡馬
シルクアポロン  [父タイキシャトル:母ロイヤルオーキッド]
在厩場所:北海道・フロンティアスタッド 
調教内容:屋内トラックと坂路コースでキャンター 
次走予定:函館開催 
牧場長「内視鏡検査を行ってみたところ、軽いDDSPの症状が確認されまし
たが、治療するほどのレベルではないとの診断でしたので、このまま進めてい
きます。今週も15-15を1本乗りましたが、動きは良かったですし、問題ない
と思います」

6月13日付 関東 牡馬
ロレーヌクロス  [父マンハッタンカフェ:母ウィストラム]
在厩場所:美浦トレセン 
調教内容:函館Wコースで12日に時計 
次走予定:函館2週目・D1,700mの番組か、芝の番組 
調教師「函館に無事に到着し調教を進めていますが、まだ動きが重いようなの
で今週は見送り、来週の出走を予定しています。D1,700mの番組か、芝も視野
に入れて考えています」

6月14日付 関西 牝馬
ローブティサージュ[父ウォーエンブレム:母プチノワール]
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港 
調教内容:ウォーキングマシン 
次走予定:7月28日の函館・クイーンSが有力 
担当者「春のGⅠを使った後ですし、長距離輸送の後でもあるので、まずはマ
シンの運動でひと息入れています。順調ならクイーンSで復帰する予定になっ
ていますが、この後の状態次第になりますので、しっかり様子を見ながら調整
していきます」

6月14日付 関西 牡馬
スペシャルギフト [父スペシャルウィーク:母スーヴェニアギフト]
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来 
調教内容:週3回は周回コースでハロン20秒のキャンター2,000m、
     週3回は屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本 
次走予定:未定 
担当者「調教の強弱をつけたことで、馬に落ち着きが出て、問題なく調教を継
続することが出来ています。15〜16秒レベルの調教でも動きや息遣いに余裕が
あり、基礎体力が水準以上についてきたようです。今後は後躯を中心に適度に
負荷を掛けていき、秋の入厩に向けて疲れを溜めない様に調整していきます。
馬体重は504㎏です」

6月14日付 関西 牡馬
キングオブタイム [父キンググローリアス:母クイーンオブタイム]
在厩場所:北海道・ファンタストクラブ 
調教内容:ダク2,000m、屋内ダートコースでダクとキャンター3,200m 
次走予定:未定 
牧場長「右前脚の球節付近の疲れはほぼ取れました。大事を取ってあと2週間
くらいは周回コースで軽めを乗るつもりですが、ここまで1日も休まず運動で
きていることを思うと、本当に芯が強いんだね。精神的にもだいぶ大人になっ
てきたし、飼い食いも良いですよ。また速いところをやりだせば、入厩の予定
も見えてくると思います」

6月14日付 関西 牝馬
サンタエヴィータ [父Smart Strike:母エヴィータアルゼンティーナ]
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港在厩 
調教内容:週2日は屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター2本、 
     週4日は屋内周回コースで軽めキャンター2,400m 
次走予定:未定 
担当者「調教メニューは変わりませんが、走りに力強さが出て、月を追うごと
に印象が良くなっています。この段階の調教は楽にこなせるようになって来ま
したので、そろそろリフレッシュを挟んであげたいと思います。奥がある血統
だし、伸びシロも大きい馬だけに、ここで一回ゆったりさせてあげて、もう一
段上を狙いたいと思います。馬体重は464㎏です」

ロレーヌクロス  /田中博12函W良     66.8- 52.9- 38.6- 12.7 馬なり余力
    サクラトップカフェ(三未勝)強目の内を0.6秒追走同入

シルクホースクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



<<PREV | | NEXT>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。