スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルク出資馬検討13

7/28着が会員の優先申し込みなので・・・
月曜日の7/21に出しました。

7-37 アグネスデジタル×コパノスピーキング 牡馬
8-10 ゼンノロブロイ×サンシャインステラ 牝馬

2頭です。
まだシルク2次募集馬とキャロットの募集馬があるので、
とりあえずってところです。

さて、シルクと言えば・・・ブライアンズタイム産駒!
今は亡き早田牧場&CBスタッドの影響でしょうね~
まだそのイメージがあります。
シルクのBT産駒、シルクプリマドンナ、シルクジャスティスを筆頭に活躍した馬がいます。

今年の募集馬もいます。
ただ、BT自身がかなり高齢になってきているので、今後はあまり大物を出すこと少ないかも知れません。

シルクのBT産駒価格
牡馬だと3500~3000万
牝馬だと2500万ぐらいでしょうか?
それより安いと、遅生まれだったり超小柄だったりする場合があります。
まぁBTがやや小柄なので、産駒は小柄の傾向があります。

ここあたりを見れば産駒の傾向が書いています。

BT牝馬に出資すると勝てなくても繁殖にあがる可能性が高いです。
なのでまたBT産母馬の子供に出資できる可能性があります。
まぁ良し悪しは、わかりませんが・・・
母父としては、トニービンに比べるとちと弱い感じがしますけど~

BT系としては、タニノギムレット産駒から良い仔が募集されると良いかも知れません。
マヤノトップガンは、大物こそ出さないけど堅実に走る仔を出しています。
今年は、ノーリーズン産駒が募集されていますが・・・G1ホースですけどイメージが良くないのか?
生産頭数が少ないので、大物を出さないと消えていく感じがします。
サニーブライアン、シルクジャスティスなどのようにならないよう頑張って欲しいです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。