スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディアマイベイビー橘Sへ

マージービート
4/10  金成厩舎
10日は軽めの調整を行いました。「先週は初障害ということもあって簡単ではありませんでしたね。ただ、最初なのでまず無事に障害飛越をこなしてくることがいちばん重要にもなりますからその点では悪くなかったのではないでしょうか。五十嵐のジャッジもそう悲観的なものではありませんでしたし、経験を積んでいって前進を図っていきたいです。練習から競馬までのつながりを特に大事にしたいということで五十嵐にこだわりましたが、一度経験して教えられたことは間違いなく上積みになります。また、次走たとえ五十嵐以外のジョッキーが乗ることになっても少し安心できるでしょうから今回の経験は決して無駄ではないと思っています。レース後帰ってきてからの様子を見ていますが、脚元は安定していますし、大きな変わりはありません。障害戦はいつ出走できるか難しいところもありますが、ダメージが少ないようなのでいつでも出走を考えていけるように手元で調整できれば理想的と思っています。もちろん日が経って疲れが出て来ることもあり得なくはないので、状況を見ながら臨機応変に対応するつもりです」(金成師)
4/6  金成厩舎
6日の阪神競馬ではゆっくりしたスタートから後方を追走。飛越は無難にこなしたものの、前との差は詰めることができず11着。「あまりトモをしっかりと使えないタイプで、スタートもスッと出られず、思ったよりも後ろの位置取りになってしまいました。飛越自体は悪くはないのですが、トモの踏ん張りが利かない分、スピードに乗れない感じでした。ただ、これはレース経験を積めば良くなってくるものですし、直線もまだ脚はありましたから、次はもっとやれるはずですよ」(五十嵐騎手)今日は残念な結果でしたが、初障害レースということで、ジョッキーも慎重に進めた部分はあるでしょうし、飛越自体はスムーズでした。レース慣れして、前半もう少し前々で進められるようになれば前進できそうです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

ディアマイベイビー
4/10  松田博厩舎
10日は栗東CWコースで追い切りました。「気性的なところを考えて、レースは来週の橘Sに決まりました。長い距離で無理に抑えて持ち味をなくすより、スピードを活かした方がいい走りができそうですからね。先週は、木曜日の調教で前半行きたがって時計になってしまったのですが、今朝はゆったり走ることができました。時計は、手元の計測で6ハロン86秒台、ラスト1ハロン12秒8。以前は調教でもフワフワしていたけれど、体が大きくなって力強さが出てきた感じですね。見ていてもトビが大きくて頼りないところがなくなりました。カイバ喰いがもうひとつ安定しないので、レースまで今の馬体を維持できれば久々でも力は出せると思います」(松田博師)20日の京都競馬(橘S・芝1400m)に川田騎手で出走を予定しています。
13/4/10(水)助手
栗CW・良86.3 - 69.9 - 54.4 - 40.3 - 12.9 馬なり余力(9)
13/4/7(日)助手
栗坂路・不良59.0 - 42.9 - 28.1 - 14.1 馬なり余力(-)
13/4/6(土)助手
栗CW・良86.7 - 70.8 - 55.5 - 41.3 - 14.2 馬なり余力(9)

オレアリア
4/13 石坂厩舎
13日の阪神競馬ではややゆっくりしたスタートから無理をさせず最後方を追走。3コーナー過ぎから進出し、直線は馬場の外目をよく伸びて5着。「まだスッと動ける脚がないので、現状はああいう後ろからじっくり進めて終いを活かす形が合っていると思います。今日はスローペースであそこまででしたが、エンジンがかかってからはすごい脚の回転で、いい切れを持っていますよ。まだ絞れる余地はありますが、ゴトゴトした感じがなくなって体は動くようになってきたので、これからが楽しみです」(浜中騎手)「レース前、ジョッキーには何も言わなかったけれど、前走は勝ちに行って早めに動いたことが良くなかったとは思っていました。浜中もそのあたりのことは分かっていたのでしょう。後方でじっくりと進めてくれましたね。1000m通過が1分4秒というスローな流れだったので差を詰め切れなかったのは仕方ありませんが、こうやって競馬を教えていくことが今は大切ですからね。いずれは芝をと思っている馬ですが、今日のレースを見ていると、もう少しダートで経験を積んだ方が良さそうです。焦らずに育てていきたいですね」(石坂師)全体的に緩さを残す中、前半は無理に動かず終いを活かすベストの形でしたし、不向きな展開だったことを考えれば素質の一端は見せたレースだったのではないでしょうか。徐々に馬体もしっかりしてきているとのことですし、使いつつの成長がさらに楽しみです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。
4/11  石坂厩舎
13日の阪神競馬(3歳500万下・ダ1800m)に浜中騎手で出走いたします。
4/10  石坂厩舎
10日は栗東坂路で追い切りました(55秒5-41秒4-28秒1-14秒5)。「今朝は坂路でしっかりと時計を出しました。あまり攻め駆けするタイプではありませんし、タイム自体は気になりませんが、中1週ということで単走でやった分、頼りない感じはありました。併せ馬で闘争心をかき立てた方が調教の走りはいいように思います。大きく変わった感じはありませんが、まずはこのクラスで使いつつレースを覚えていくことが大切。前走も前半の進め方には進境が見られたので、あまり急かさずについていければいい走りはできると思います。先生もいずれは芝で、と話をしていて、念のためはなみずき賞にも登録をしていましたが、今回はダート戦に向かう予定です」(浜名助手)13日の阪神競馬(3歳500万下・ダ1800m)に浜中騎手で出走を予定しています。
4/7 石坂厩舎
13日の阪神競馬(はなみずき賞・芝1800m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて20頭の登録があります。
13/4/10(水)助手
栗坂路・良55.5 - 41.4 - 28.1 - 14.5 一杯に追う(-)

キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。