スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベイビー阪神JF9着

マージービート
12/11  NF天栄
周回コースでハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「トモの具合を見ながら少しずつ動かしていますが、良くも悪くも変わらない様子を見せています。本音を言えばもう少し良くなったと言い切れる状態に持っていきたいところなのですが、調教師からは早めに入れて手元で様子を見ていきたい気持ちもあるという話を受けています。まだ詳細は決まっていませんが、もしかしたら近々の移動もあり得る話だと思いますので、移動のことも頭に入れて今後の調整にあたっていきます」(天栄担当者)
12/4  NF天栄
周回コースでハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き普通キャンター程度をベースにしてじっくり乗り込んでいますが、トモは大きな良化こそないものの、維持しつつ進められているので順調と言えるのではないでしょうか。力みという点で課題もありますし、少しでも落ち着いて走れるように接していければと思っています。定期的に調教師も来場されるので、その都度相談しながら目標を徐々に定めていければと考えているところです」(天栄担当者)

ディアマイベイビー
12/13 NFしがらき
13日にNFしがらきへ放牧に出ました。
12/12 松田博厩舎
12日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は、スタートからジワッと前に行って、レースの進め方としては悪くなかったと思っています。ただ、脚質的に外枠は厳しかったでしょうし、ちょっと運がなかったなとは思ってしまいました。レース後は大きなダメージは感じませんから、ここでの放牧がいいリフレッシュになってくれるでしょう。しっかりと立て直して、来春に向けて頑張っていきたいですね」(松田博師)13日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。
12/9 松田博厩舎
9日の阪神競馬では好スタートも内を行かせて好位を追走。ジワッと前をうかがい、直線半ばまでは踏ん張ったが、最後に力尽きて9着。「返し馬ではかなり行きたがっていて、レースでも引っ掛かるだろうなと思っていたのですが、いざゲートが開くと思ったほどではなかったですね。ずっと外を回るのは嫌でしたし、コントロールがききそうだったのでジワッと出して行きました。直線ではそれほど伸びてくれませんでしたが、まだまだ競馬を覚えている段階ですし、来年に期待したいですね」(川田騎手)「うーん、枠が内だったら違ったんだろうけどなあ。外から、内に入れるタイミングを探すのに前へ行かざるを得なかった形だからね。パドックではうるさかったが、レースではそれほどかかる感じじゃなかったし、こういう競馬をしながらいろいろ覚えていってくれれば春が楽しみですよ。ここまで頑張ってきたし、一度放牧に出してリフレッシュさせたいと思います」(松田博師)最後は一杯になってしまいましたが、レースでは変に行きたがることもありませんでしたし、何より大舞台での経験は必ず今後に活きてくるはずです。まだ心身ともに成長の余地がありますし、放牧を挟んでの活躍が楽しみです。このあとは、トレセンで状態を確認してからリフレッシュ放牧に出る予定です。
12/6 松田博厩舎
5日は軽めの調整を行いました。6日は栗東CWコースで追い切りました。「水曜日に坂路を2本上がって、今朝はCWで単走。かかるところがあるし、朝一番を避けて少し馬が少なくなった時に馬場に出ました。鞍上には、行きたがるようなら無理に追わず、スムーズだったら終いだけ伸ばすように指示をしたんだけれど、ここ最近では一番折り合いがついて、終い重点のいい追い切りができました。時計も、6ハロンが87秒台、ラスト1ハロン11秒4。このところはラストが甘くなる攻めばかりだったけれど、今朝は本当にいい内容でした。早くからここを意識してきた馬を、いい状態で送り出せそうなのは何よりですね」(松田博師)9日の阪神競馬(阪神ジュベナイルF・牝馬限定・芝1600m)に川田騎手で出走いたします。
12/12/6(木)野元
栗CW・良87.6 - 70.3 - 53.6 - 38.4 - 11.9 稍一杯追う(6)

オレアリア
12/11  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1回は15-15を行っています。「この中間はコンスタントに15-15を取り入れています。ペースを上げたことでだいぶ動きがキビキビしてきましたし、表情も引き締まってきた印象です。順調に筋肉も戻ってきていますし、引き続き入厩を視野に入れて進めていきます」(NFしがらき担当者)
12/4  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「今朝から坂路で15-15を開始しました。ペースを上げても特に気になるところはありませんし、左前脚の状態も動かしながら落ち着いています。ただ、さすがに筋肉が落ちている状況なので、もう少し時間をかけてしっかりと乗り込んでいきます」(NFしがらき担当者)

キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。