スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マージー、スクミで放牧

マージービート
10/24  金成厩舎
24日は美浦南Wコースで追い切りました(55秒9-41秒4-13秒2)。「先週スクミを見せたのですが、これまでそういったことがなかったから違和感は感じていたんです。全休日明けに再び出ないかをよく注意しておいたのですが、大丈夫そうだったため今朝半マイルから時計を出してみました。数字的にはそれほど気になることはなかったのですが、動きは正直芳しくありませんでした。おかしいなと思って馬の様子を見ているとスクミの症状が特に出ていたトモ脚、特に右トモの臀部の筋肉が左に比べて落ちているように感じます。表だって出てこなかった疲れが先週今週とここに来て表面化してきたのかもしれません。これまでの動きやコンディションと比較すると好調時には及ばないですし、このまま無理して使うといい結果はおろか、その後のダメージも大きくさせてしまう可能性が高いような気がするんです。会員の皆様の馬ですから、使いたいと思っていたところを使わない判断をさせていただくのは大変恐縮ですが、先のことも見据えてここは無理をしないで立て直しを図ることにしたいと思います。申し訳ございません」(金成師)今のところ11月3日の福島競馬(磐梯山特別・芝2600m)への出走は見送り、近日中にNF天栄へ放牧に出る予定です。
12/10/24(水)助手
美南W・稍重55.9 - 41.4 - 13.2
エフティチャーミー(二500万)直強めの外0.5秒先行0.1秒遅れ 強めに追う(8)

ディアマイベイビー
10/24  松田博厩舎
24日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで追い切りました。直線だけ併せるようにと指示を出して、相手を先行させる形でした。前半から結構いいペースで走っていたので、今日の重い馬場では最後脚が上がるのではないかと思いましたが、6ハロン82秒台の速い時計でもラストは12秒7としっかり伸びていました。やはり、スピードと持久力ともにかなりいいものを持っていますね。レースまではまだ2週あるので、あまりやりすぎないように注意しながら調整していきます。ここまで岩田を主戦にしてきたんだけれど、目標のGⅠで乗れない可能性が高いので、先にスイッチしておきます。今回はルメール騎手にお願いしました」(松田博師)11月10日の京都競馬(ファンタジーS・芝1400m)にルメール騎手で出走を予定しています。
12/10/24(水)助手
栗CW・重99.4 - 82.7 - 67.1 - 53.2 - 39.3 - 12.9
ディープウェーブ(新)叩一杯の内0.3秒追走0.2秒先着 稍一杯追う(7)
12/10/20(土)助手
栗CW・稍重89.7 - 73.8 - 58.3 - 43.2 - 15.0 馬なり余力(5)

オレアリア
10/23  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1回は15-15を行っています。「左前脚については、熱感も腫れもすっかり引きました。今朝も15-15を乗っていますが、いいキャンターを見せていますね。以前はモサモサしたところが目立ちましたが、ここにきて素軽い動きを見せるようになっていますよ。引き続き、しっかりと乗り込んで移動に備えていきます」(NFしがらき担当者)

キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。