スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マージー惨敗

マージービート
10/10  金成厩舎
10日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は体調も上々でしたし、いい競馬をしてほしいと思っていましたが、休み明けの分もありましたかね。また、東京の2400mという舞台設定もごまかしがきかないですし、それなりに骨っぽい相手と戦った分の苦しさも多少あったのでしょう。ただ、悲観はしていませんよ。使いつつ良くしていけるタイプの馬ですし、今回はあくまでもいちばん使いたいなと思っていた福島を前提にしたレースでもありました。もちろん変な小細工をしたわけではありませんが、今回の経験が次につながってくれればと思っています。レース後の様子を見ている最中ですが、今のところは問題なさそうなので、引き続きしっかり見ていって変わりないようならば磐梯山特別へ向けて調整を進めていきます」(金成師)11月3日の福島競馬(磐梯山特別・芝2600m)に出走を予定しています。
10/8  金成厩舎
8日の東京競馬ではスタート後の反応が鈍く後方からになるも、直線に向いても思ったような脚を使えず10着。「状態が悪いわけではないのですが北海道で乗った時と比べると少し余裕があるように感じました。スタート後は何かモサッという動きでしたし、気持ちの面ももう少しピリッとしてきてほしいですね。今日はメンバーが揃っていた上に展開も厳しくなってしまいましたが、一度使って良くなるでしょうし、次はもっと動けるはずです」(大野騎手)「北海道の時は結構仕上げていましたし、休養を挟んだこともあってその時と比べれば余裕のある状態でした。大野が言っていたようにその影響か心身ともにピリッとしきれていなかったのかもしれません。ただし今日はメンバーも揃っていましたし、ハンデも少し見込まれてもいました。北海道では差のない競馬をしているしある意味評価されているとも言えるのですが、主場開催になるとまぎれのない競馬を求められてしまいますし、その点ではきつかったですね。ただし、一度使っての上積みはあるはずですし、小回りコースならまた違った競馬ができるはず。もちろん久しぶりを使った後ですからより慎重に状態を見たいと思いますが、次はより適性が高いと思える福島競馬を目標にして巻き返したいと考えています」(金成師)休み明けの影響で動き切れなかったのか、前半から流れに乗ることができませんでした。この後の状態に問題がなければ福島開催の開幕週を目指す予定ですが、コース形態的にもより持ち味か活きるでしょうし、上位争いを見せてほしいものです。

ディアマイベイビー
10/9  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「こちらに到着後、馬体を確認して異常がないことを確認してから乗り出しています。まずは角馬場で軽く体を解す感じの調教ですが、大きな疲れはなさそうですね。馬場入りの際にちょっと頭を上げたりカッとするところはありますが、普段は非常におとなしく気持ちも落ち着いていますよ」(NFしがらき担当者)

オレアリア
10/9  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1回は15-15を行っています。「先週お伝えした左前脚の腫れはほぼ治まって、落ち着いた状態です。先週一杯はあまりペースを上げずに乗り込んでいましたが、今週から終い15秒ぐらいまで脚を伸ばせていますし、乗ったあとも脚元は問題ありません。まだ少し熱感が残っているので、そこだけはしっかりとケアをしていきたいですし、まだ馬体に緩さがあるので引き続き入厩に備えて乗り込んでいきます」(NFしがらき担当者)

キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。