スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アポロン復帰

9月11日付 関西 牡馬
ロレーヌクロス  [父マンハッタンカフェ:母ウィストラム]
滋賀県・ノーザンファームしがらきで調整中です。ウォーキングマシンの運動
60分行った後、周回コースでダクとキャンター1,500m、坂路1本の調教を付け
られています。調教主任は「こちらに来た時は、とても元気一杯で煩い面も見
せていましたが、今は環境にも慣れて大分大人しくなりました。でも、これか
ら先に煩くなりそうな雰囲気を持っている馬なので、それが走る方に向く様に
上手く持って行ければと思っています。このまま進めて行きます」と話してい
ます。

9月11日付 関西 牡馬
スターリーワンダー[父グラスワンダー:母シルキーヒロイン]
坂路コースでキャンターの調整で、ゲート練習も進めています。厩務員は「た
まに立ち上がったりするところはあるけど、根は素直な馬だし、全く手は掛か
りませんよ。まだ環境に慣れさせている段階ですが、入厩当時と雰囲気も変わ
らないし、ゲート練習も、他の馬と一緒に練習すれば素直に中に入るので、今
の感じならこのまま進めて行けると思います。兄のシルクネクサスがかなり走
った馬なので、それ以上走れる様に頑張らないとね」と話しています。

9月11日付 関西 牝馬
ローブティサージュ[父ウォーエンブレム:母プチノワール]
北海道・ノーザンファーム空港で調整中です。屋内周回コースでダク500mとキ
ャンター2,500mの調教をつけられています。牧場スタッフは「徐々にキャンタ
ーの距離を延ばしています。もう脚元の心配はありませんが、欲を言えば、も
う少し馬体をフックラさせたいですね」と話しています。

9月12日付 関西 牡馬
シルクアポロン  [父タイキシャトル:母ロイヤルオーキッド]
北海道・フロンティアスタッドでキャンターの調教を付けられると、確認した
調教師の指示で、7日に栗東へ帰厩しています。到着後も特に変わりは無い様
で、これから徐々に乗り込みを進めていく予定となっています。

9月12日付 関西 牝馬
スマイリングノート[父フジキセキ:母スプレッドスマイル]
CWコースでキャンターの調整で、5日に併せて時計を出すと、調教師は「C
Wで併せてビッシリやったところ、動きはまずまず良かったのですが、馬房に
戻ったら鼻出血が見られました。内視鏡でどれだけの症状か確認したら、肺か
らの出血とのことです。休ませるにしても時間がないことだし、残念ですが今
後を決めないといけないですね」と話しています。これを受けて、今後につい
て検討した結果、疾病の程度を考慮して、現状では出走は難しいと判断し、誠
に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。6日に抹消の
手続きが取られています。

9月13日付 関西 牡馬
シルクダイナスティ[父カリズマティック:母クイーンオブタイム]
茨城県・ヤナガワステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動40分行
った後、本馬場でダク1,000mと軽めキャンター2,000mの調教を付けられていま
す。調教師は「東京コースの方が合っていると思いますが、10月14日の東京ハ
イジャンプはJGⅡで相手も強いでしょう。それに、使えるかどうかもわから
ないので見送ることにして、11月3日のオープンを目標にします」と話してい
ます。

シルクアポロン  /助 手12CW良 82.3- 67.0- 52.6- 39.3- 13.2 叩き一杯
    マークスマン(新馬)一杯の外を0.4秒追走3F併0.4秒遅れ

スマイリングノート/12日(水)付けで抹消の手続きが取られました。

シルクホースクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。