スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マージー1000万クラスは厳しい

マージービート
7/25  札幌競馬場
25日は札幌ダートコースで追い切りました(68秒0-52秒6-38秒6-12秒6)。「先週木曜日に函館を出発して札幌へ移動させました。数日は楽をさせましたが、予定通り札幌へ移してから次走へ向けて徐々にピッチを上げ出しています。函館にいる頃は大野に普段の調教から跨ってもらっていましたが、今回は助手を行かせていますのでスタッフを中心に調教をつけるようにしています。今朝ダートコースで5ハロンからの時計を出しましたが、まずまず。動きも悪くないし、余力もそれなりにあるようだから感触は変わらずいいと思いますよ。競馬は来週ですからまた整えるように調整をしていっていい状態で送り出せるようにしたいと思っています」(金成師)8月5日の札幌競馬(HTB賞・芝2600m)に出走を予定しています。

12/7/25(水)助手
札幌ダ・良68.0 - 52.6 - 38.6 - 12.6 強めに追う(8)
12/7/22(日)助手
札幌ダ・良53.0 - 38.9 - 12.6 G前仕掛け(8)

ゴールデンレシオ
7/25  宇治田原
坂路コースで1本目にハロン20秒、2本目にハロン18秒のキャンターを行っています。また、週2回は坂路コースで15-15を取り入れています。「日によっては気温が高くなることがありますし、体調を崩さないように調教を微調整することはありますが、引き続き週2本は速めのところを乗ることができています。状態が大きく上向いたという感じはありませんが、それでも運動を重ねる事でこの馬なりに動けるようになっていますし、この調子で帰厩に結び付けていきたいと思います」(牧場担当者)

ディアマイベイビー
7/24  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間もじっくりと乗り込んでいますが、動きはしっかりしていますし、さすがという感じです。特に変わりなく順調ですので、引き続き馬体をふっくらさせつつ進めていきます。馬体重は440キロです」(NFしがらき担当者)

キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。