スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレアリア晩成

マージービート
7/11  函館競馬場
11日は軽めの調整を行いました。「先週は直接見ることができることはできませんでしたが、改めて見直すと外々を回っていましたよね。50メートルは長く走っていましたが、こればかりは勝負に行ったものなので仕方ないですよね。ただ、そういった競馬でも見せ場を作れるほどの走りをして、大きな差を感じさせない内容でしたからこの先も楽しみになったと思います。まだ今はこのクラスで力をつけていくときですが、地道に経験を積んでいってまたいい結果を出せればいいなと思っています。レース後の様子を見ていますが特に変わりない。今のところ今週いっぱいは函館で様子を見て、そのあとに札幌への移動を検討していきます。あくまでもこのあとの状態次第ですが、中3週での競馬を考えることになると思います」(金成師)8月5日の札幌競馬(HTB賞・芝2600m)に出走を予定しています。

ゴールデンレシオ
7/12 宇治田原
坂路コースで1本目にハッキングからハロン20秒、2本目にハロン18秒のキャンターを行っています。また、週2回は坂路コースで15-15を取り入れています。「週2回は坂路でしっかりと15-15をこなしてくれていますし、この馬なりに順調に進めることができています。ここまでの経緯からも数を使えるタイプではありませんし、一戦ごとが勝負になってくるのでしっかり乗れるようになってから帰厩させたいと調教師からは言われています。検疫次第ではそう遠くない帰厩となるでしょうから、そのことを頭に入れながら調整していきたいですね」(牧場担当者)

ディアマイベイビー
7/11  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「こちらに到着後、馬体をチェックして問題ないことを確認しています。特に疲れた感じも見られませんが、2度レースを使ったあとですし、慎重に状態を見ていきたいですね。気性的に前向きすぎるところがあるようなので、精神面のいいリフレッシュ期間にしたいと思っています」(NFしがらき担当者)

オレアリア
7/13 NF空港
馬体重:530kg 
先月に引き続き、週2日900m屋内坂路をハロン16~17秒で2本元気に駆け上がっており、残りの4日は1000m周回ダートコースをスローキャンターで2周半しています。この中間、リフレッシュの意味を込めて少し調整ペースを落としましたが、現在は問題なく元のペースに戻しています。どちらかといえば晩成型の両親で今後もさらに上積みが望めそうなだけに今後も焦らずに進めていければ良さがどんどん出てくるはずです。

キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。