スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マージー勝利!

マージービート
6/27  函館競馬場
27日は軽めの調整を行いました。「先週は本当にありがとうございました。たくさんの方からお祝いの言葉をいただけましたし、僕自身もいろんな方々に感謝の気持ちを伝えたくて。それくらい嬉しくて、この馬にめぐり合えたことが幸せです。最低限の責任を果たすこともできたかなと思っていますし、これからはさらに活躍していけるようにマージービートとともに厩舎一丸となって頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。引き続き現地で様子を見ていますが、特に変わりはなさそうです。もちろんまだ日が浅いのでもうしばらく確認しますが問題なければこのまま行きます。この馬の長所とそうでないところを合わせて考えても北海道の馬場はいいですからもうひとつと行きたいところですね。中1週でちょうどいいレースがありますし、問題なければ北海ハンデキャップを目指します」(金成師)7月8日の函館競馬(北海HC・芝2600m)に大野騎手で出走を予定しています。
6/24  函館競馬場
24日の函館競馬では3番手の内を追走する。勝負どころでは下手に動かずスペースが空くタイミングを見計らい、最後は間を割ってしぶとく伸びて優勝。「最後は際どい差になりましたが、まずは勝てて嬉しいです。ありがとうございます。先生からは切れるところがないと聞いていましたし、そこを上手くカバーしながら乗ろうと前々で運びました。逃げた馬がふらふらしていたので気をつけて進めましたが、道中は自分のリズムで運べ流れに乗ることができましたね。脚質を考えて勝負どころではじわじわとエンジンを吹かしていき、少し狭くなりかけましたが、それでも怯むことなく最後まで頑張ってくれました。タイプ的に洋芝は合いますし、このまま北海道で続けて使っていければ楽しみですね」(大野騎手) 「前走は降級馬以外には負けませんでしたし、今回も降級馬との争いになるのではと踏んでいて、流れに乗れればチャンスがあると思っていました。脚質を考えてジョッキーが適度に出しつつ進めてくれましたし、いい競馬ができましたね。これまでにダートで走っていたことを考えてもパワーを必要とする洋芝はこなせると予想していましたし、その通りの競馬が出来ました。さすがにデビュー当時からの比較はできませんが、うちの厩舎に来てからは少しずつ胴が伸びてきたように感じましたし、芝の長いところで形になりつつありましたから、辛抱強く使ってきたよかったです。この後は今日の反動が出ないかしっかりと見てからどうするかを決めますが、何より今日は本当に結果を残せてうれしいですし、チャンスをいただいたことに感謝しています。ありがとうございます」(金成師)芝の長いところに矛先を替えてからは少しずつ内容が良くなっていましたし、今日は上手く流れに乗って待望の2勝目をあげてくれました。今後についてはあくまでもレース後の状態次第ですが、パワーを必要とする洋芝は合っているでしょうから、まずは夏の北海道開催でいい流れを作ってほしいものです。

ゴールデンレシオ
6/26  宇治田原
坂路コースで1本目にハッキングからハロン20秒、2本目にハロン18秒のキャンターを行っています。「マシン運動を継続しても脚元は変わりありませんでしたし、先週の後半から坂路で軽く乗り始め、少しずつペースを上げています。引き続き状態の変化を見ながらの運動になりますが、タイミングを見計らって速めの調教も取り入れていきたいと思います」(牧場担当者)

ディアマイベイビー
6/30 松田博厩舎
30日の中京競馬ではまずまずのスタートから行きたがるのをなだめつつ好位を追走。直線半ばで勝ち馬に交わされたものの最後までしぶとく競って2着。「逃げた馬が頼りなくてフラフラしていたので、ペースが遅くなってしまいました。終始マークされていた勝ち馬には一瞬で前に出られてしまいましたが、最後までよく食い下がっていました。先頭に立つと物見をして突っ張るような走りになるので、ハナには行かない方がいいようです。気が勝っているタイプで、かなりテンションが高かったので、レースでこれ以上カリカリしなければと思います」(北村友騎手)「とにかくハナに行かないようにと指示していたが、ジョッキーはよく辛抱してくれた。勝ち馬にはうまくマークされてしまったけれど、この競馬は次につながるはず。燃えやすい性格だけれど、普段はおとなしいから、なんとか落ち着いてレースに臨めるよう工夫していきたいですね」(松田博師)着差が僅かなだけに残念でしたが、3着以下は離していますし、行きたがる素振りを見せながらも最後まで脚を伸ばした内容は評価できます。今後を考えても控える競馬を覚えてきているのは大きいですし、この経験を先の飛躍につなげて欲しいものです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。
6/28 松田博厩舎
30日の中京競馬(2歳未勝利・芝1400m)に北村友騎手で出走いたします。
6/27  松田博厩舎
27日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで終い重点の追い切り。6ハロンは84秒台、ラストは12秒4と上々の時計でしたし、動きもしっかりしていましたよ。一度使ってテンションが上がるようなこともないし、調教ではかかる面も見せていません。あとはレースに行ってどうか。ジョッキーが道中どれだけ我慢できるかがポイントでしょうね。当然勝ち切るだけの力はあるから、内容を重視したいと思っていますよ」(松田博師)30日の中京競馬(2歳未勝利・芝1400m)に北村友騎手で出走を予定しています。
12/6/27(水)助手
栗CW・良83.9 - 68.6 - 54.3 - 40.6 - 12.4 一杯に追う(7)
12/6/23(土)助手
栗CW・稍重90.8 - 74.1 - 58.7 - 43.5 - 14.2 馬なり余力(9)

オレアリア
6/29 NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン16~17秒で2本元気に駆け上がっており、残りの4日は1000m周回ダートコースをスローキャンターで2周半しています。継続してしっかり負荷をかけた調教を課していますが、気持ちは前向きで坂路コースを登坂するときの手ごたえは抜群です。さらに調教ペースを上げたいところですが、しばらくは同様のメニューで進めて土台作りをしっかりしていく予定です。

キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。