スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マージーいつもと同じ負け方

マージービート
4/22 金成厩舎
22日の福島競馬ではスタートでタイミングが合わずに後方からに。離され過ぎないように出して行ったためにハミを噛んでしまう。勝負どころではうまくスペースを付いて上がっていくも、直線はなかなか前の馬達との差を詰められず7着。「ゲートの中ではうるさい訳ではないですし問題ないのですが、ゲートが開いた瞬間にトモ脚に重心をかけて遅れてしまいました。脚質を考えても少し出して行ったのですが、この距離のペースということもあり、ハミを噛んでしまいました。それでも勝負どころにかけての手応えは悪くなかったですし、前との差を詰めて行けたのですが、最後はジリっぽくなってしまいました。いいスタートを切って流れに乗せていればまた違ったと思うのですが、チグハグな競馬になってしまい申し訳ありません」(西村騎手)「間隔が詰まって再度の輸送競馬になりましたが、馬体は減るどころかプラス体重でしたし、見た目にもいい状態でレースに臨めました。それだけに前々に付けて自分の走りができれば楽しみだなと思っていたのですが、スタートで出鼻をくじかれてしまいました。トレセンでしっかりと練習をしていましたし、その時はこのようなことはなかったのですが…。あそこで出して行ったためにハミを噛んでしまいましたし、前半から流れに乗り切れなかったのは痛かったですね。直線もジリジリとは来ているものの、切れるところがないので脚比べになると部が悪いですし、やはり前々から自分で動いていける展開が理想ですね。この後については、短い間隔で使ってきましたし一度放牧に出してリフレッシュさせたいと思います。復帰戦については状態次第ですが、長めの芝だけでなく、ダートを含めて考えています。今日はスタートが決まりませんでしたが、やはり長めの距離のほうが前に行きやすいですし、以前は中距離中心に使っていたことを考えても差を付ける必要がありますからね。また、年齢的に大きく変わるということはないでしょうが、体型に少し伸びが出てきたなと感じるところがありますし、そういった馬体造りを意識して調整していくことも考えています」(金成師)切れるタイプではありませんし、前々で積極的に運びたいところでしたが、スタートで後手を踏んでしまいました。この後は放牧に出して心身のケアを行う予定ですが、次走では自分の形に持ち込んで持ち前の粘りを発揮してほしいものです。
4/19 金成厩舎
22日の福島競馬(燧ケ岳特別・芝2600m)に西村騎手で出走いたします。
4/18 金成厩舎
18日は美浦南Pコースで追い切りました(70秒9-54秒3-39秒6-12秒5)。「相変わらず順調ですね。タフな馬ですし、脚元も問題ありませんから予定通り特別登録をさせていただき、レースへ向けた調整を行っています。今朝の追い切りは整える程度で十分でしたから、速い時計は求めずにリズムを重視して終いを伸ばすものにしたかったんです。西村も調教に乗りたいと言ってくれましたし、彼を背に角馬場で体を解してからポリトラックコースで馬なりの追い切りです。間隔も詰まっているし、気持ちも入っているから速くならないように抑えることに集中していたくらいの行きっぷりだったと彼も言っていましたよ。理想的な追い切り時計でまとめることができていますし、動きも良好です。想定を見る限りこの間隔でも出られそうです。このあとは少し楽をさせてあげることも考えていますから、巻き返しに期待したいですね」(金成師)22日の福島競馬(燧ケ岳特別・芝2600m)に西村騎手で出走を予定しています。
4/15 金成厩舎
22日の福島競馬(燧ケ岳特別・芝2600m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて20頭の登録があります。
12/4/18(水)西村
美南P・良70.9 - 54.3 - 39.6 - 12.5 馬なり余力(6)
12/4/15(日)助手
美南W・重55.5 - 40.2 - 13.7 馬なり余力(5)

ゴールデンレシオ
4/18  宇治田原
坂路コースで1本目にハッキングからハロン20秒、2本目にハロン18秒のキャンターを行っています。また、週2回は坂路コースで15-15を取り入れています。「前後肢ともに状態は変わりありませんし少しずつ負荷を強め始め、この中間から15-15を週2本行っています。脚捌きに硬さは見られるものの歩様が乱れると言うことはありませんし、少しずつでも進められているのは何よりです。調教の感じから帰厩までには今しばらく乗って少しでも体を解してあげたいと思いますが、検疫のキャンセルなどを確保できれば急遽予定が立ってくる可能性もゼロではありませんし、そのあたりも意識しつつ乗っていきたいと考えています」(牧場担当者)

ディアマイベイビー
4/19  松田博厩舎
19日に栗東トレセン・松田博資厩舎へ入厩しました。
4/17  NFしがらき
周回コースでハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も順調に乗り込んでいます。まだ荒削りという感じで集中力が足りないところもありますが、キャンターの雰囲気は大物感が漂っています。早ければ今週中の移動も視野に入っていますので、こちらもそのつもりで進めていきます。馬体重は464キロです」(NFしがらき担当者)

オレアリア
4/16  NF空港
馬体重:504kg 
先月に引き続き、週2日900m屋内坂路コースをハロン16~17秒で2本元気に駆け上がっており、残りの4日は1000m周回ダートコースをスローキャンターで2周半しています。まだ調教のペース自体は上げていませんが、動きや息遣いを見ていると共に一段階ステップアップしているように感じられます。この分でしたら、近々ハロン15秒の調教も開始することができそうです。

キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。