スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マージー、出脚悪い

マージービート
4/11  金成厩舎
11日は軽めの調整を行いました。「ウチの厩舎の考え方として見に来てくださっているお客さんに格好良くお見せしたいと思っているので、スタッフの身なりもきれいにさせていますし、必要でなさそうならば馬も極力素顔で送り出したいと思っているんです。下見所の雰囲気もとても良かったと思いますし、装鞍所では他の調教師から誉めていただけました。もちろんサークル内だけでなく会員の皆様に少しでも満足していただけるようにこれからもやっていきます。仕上げに関しても、しっかりと造って臨んだつもりでした。このお父さんの産駒らしいシルエットになり、芝もこなせそうな手ごたえを持っていました。ゲートが課題かなとは思っていたので間で練習も重ねていたのですが、上手く結果を出せなかったのは悔しいですね。ただ、これも競馬ですし、この経験を次に活かせればと思っています。西村も反省していましたが、彼だけが悪いわけではないし、レースにも流れがありますからね。レース後の様子を見ているところですが、本当にタフでダメージと言うダメージは見受けられません。問題なければ予定通り来週の競馬を考えたいと思っているんです。特別戦になりますが枠や流れが異なれば競馬の仕方も変わってくるでしょう。今日の午後にもレース後の馬の状態を確認しに西村が厩舎まで顔を出しに来ました。一度乗ったことのあるアドバンテージは少なからずともあると思いますし、先週のことを糧にしてつなげてくれる部分もあると思いますから、特別戦になりますが再度彼で行かせてください。よろしくお願いいたします」(金成師)22日の福島競馬(燧ケ岳特別・芝2600m)に西村騎手で出走を予定しています。
4/8  金成厩舎
8日の福島競馬ではスタートで後手を踏んだこともあり後方待機。4角手前から動き出して外から差を詰めようとしたが8着。「できれば前々で運びたかったのですがスタートで後手を踏んでしまいました。あの位置から出していくと脚を使わせてゴチャつくのに巻き込まれてしまうのが予想できたので前を見ながら進めました。ただ、思うように行きませんでした。申し訳ありません。内に入るタイミングがあったのですが、器用なタイプではないこと、前が下がってきて詰まるかもしれないことを考えて控えて外からロングスパートをかける方を選んだのですが、結果的には苦しくなりました。勝ち馬に張られてより外を回ることになり、なかなかいい形に持ち込めなかったのも影響しましたし、判断が違ったのかもしれません。せっかくいただいたチャンスでしたし、楽しみにしていたのですが、期待に応えられずに悔しいです。申し訳ありません」(西村騎手)「具合はとても良く、体も適度に絞れていい状態でレースに臨めたと思います。前回は躓いたような感じでしたが、二の脚も速いタイプではないので距離を長くしていい位置で運べる見込みもあって今回のレースを選んだんです。ただ、スタートでトモを落とすような格好で後手を踏んでしまいましたね。狙い通りにはいきませんでしたが、中途半端に上げていくとペースが変わった流れに巻き込まれて苦しくなっていたでしょうからあの形で運んだのは致し方なかったような気がします。西村もかなり反省していましたが、勝ち馬に上手く乗られたのも影響しましたね。ポリトラックでの走りを見て芝でもやれると思っていましたが、持久力を求められるような長めの距離の芝でもやれそうだというのを今日の走りで改めて思いました。狙い通りにいかなかった悔しさもありますし、馬に問題がなければ同じ条件に再チャレンジしたいと考えています」(金成師)具合の良さと様々な特性を考慮して芝の長距離戦へ向かいましたが、いい形で立ち回ることができず、最後は差を詰め切れませんでした。今回は枠もあって外々を立ち回ることになったものですし、条件が整えば前進も可能なのではないでしょうか。あくまでもレース後に目立った疲れがない場合になりますが、中1週での競馬を検討しています。

ゴールデンレシオ
4/10  宇治田原
坂路コースで1本目にハッキング、2本目にハロン18秒のキャンターを行っています。また、週1回は坂路コースで15-15を取り入れています。「調整を進めても飛節の状態は変わりありませんし、この馬なりに順調に進められていると思います。前肢は相変わらず硬さが残っているものの許容範囲のものですし、少しずつ負荷を重ねていって可能な限り早く帰厩できるようにしていきたいですね」(牧場担当者)

ディアマイベイビー
4/10  NFしがらき
周回コースでハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「先週の後半から乗り出していますが、特に気になるところはなく順調です。移動による疲れなどもほぼ抜けているので、これから徐々に負荷を強めていきたいと思っています。ちょっと臆病なところはあるようですが、環境に慣れてくれば問題のない程度ですし、手のかからない素直な馬です」(NFしがらき担当者)

キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。