スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マージー美浦へ

マージービート
2/25 松風馬事C
24日に松風馬事センターへ放牧に出ました。
2/22  西園厩舎
22日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬でも、直線はジワジワと脚を使っているし、あともうひと息というところまでは来ている感じなのだけど、そのもうひと押しが足りないという感じでした。よく頑張っているのですが、芝の中距離はなかなか思うように使えないこともあって、使いつつの良化を待つことが難しく、力を出し切ってやることができないのは申し訳ない限りです」(西園師)先週の競馬の内容はレースを続けて使っていければ良化を示す可能性を感じさせるものでした。しかしながら、オープン馬を多数輩出している西園厩舎の現状を考えますと、本馬がスムーズな入退厩を継続することが現状では難しく、今後も同様の状況になることが予想されます。そこで、3月1日に開業を予定しております美浦トレセン・金成貴史厩舎に転厩をさせたうえで、在厩で調整をしながら、コンスタントに出走させて行きたいと考えております。出資されている会員の皆様には何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。なお、今週中にいったん松風馬事センターへ移動し、来週の開業と同時に入厩する予定でいます。
2/19  西園厩舎
19日の東京競馬では道中後方を追走する。直線ではジリジリとは伸びてくるものの思ったように先団との差を詰められず9着。「道中のリズムは悪くなかったですし、手応えを考えたらもっと来ていいはずなのですが、いざ追い出すとジリジリという脚になってしまいました。跨った感触自体は悪くない馬ですしもっとやれてもいいとは思いますが、上位争いとなるともう少し展開の助けも欲しいところです」(和田騎手)直線ではこの馬なりに脚を使ってくれていますが、上位争いとなるともう少し展開を味方に付けたいところです。この後はレース後の状態を確認してから今後の方針を決めていくことになります。

ゴールデンレシオ
2/23  宇治田原
坂路コースでハッキングからハロン18秒のキャンターを行っています。「前脚に負担がかからないように坂路のみの調整を行っています。日によってメニューを変えているのですが、1本目にハッキングで2本目にハロン18秒を行う日と、1本目にハロン20秒で2本目にハロン18秒を行う日の2パターンで進めています。脚元が悪くなることはないのですが、先週同様にアップタイドなどでケアを行っていますし、引き続き脚元の状態を第一に進めていきたいと思います」(牧場担当者)

キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。