スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弱い馬とデブ馬

マージービート
11/24 西園厩舎
24日の笠松競馬ではスタートでダッシュが付かず、ムチを入れながら道中4番手を追走する。勝負どころでの手ごたえがいまひとつで、直線では後退してしまい7着。「スタートは注意していたのですが、ゲートが開いてもなかなか進んでいかずに他馬よりも1完歩は遅れてしまいました。それでも、切れるタイプではないので前々で競馬をしようと出ムチを入れたのですが、思ったほど進んで行きませんでしたし、理想は勝ち馬の後ろに入れたかったものの、入れるに入れられない厳しい流れになってしまいました。また、今日は終始外々を回らされてしまい勝負どころでは既に手ごたえが一杯になってしまいました。 跨った感触は悪くなかったと思いますが、少し動きが重かったように感じますし、馬体重増の影響もあったのかもしれません」(岡部誠騎手)調教の動きは悪くなかったですし、相手関係からも負けられない一戦でしたが、スタートでワンテンポ遅れてしまった上に終始外々を通るなど、流れに乗りきれませんでした。ここまで歯がゆい競馬が続いていますし、態勢を立て直して巻き返しを図りたいところです。この後はレース後の状態を確認してから決めていきます。
11/23  西園厩舎
23日は軽めの調整を行いました。「日曜日に最終追い切りを行って、坂路で4ハロン55秒6、ラスト1ハロン13秒6をマークしました。かなりしっかりやれたし、これでグッと動きも素軽くなりましたね。ここは岡部騎手からぜひ乗せてほしいと言ってきたぐらいだし、ジョッキーの腕にお任せしたいですね」(西園師)24日の笠松競馬(古太尽特別・ダ1400m)に岡部誠騎手で出走いたします。
11/21  西園厩舎
24日の笠松競馬(古太尽特別・ダ1400m)に岡部誠騎手で出走いたします。
11/11/20(日)助手
栗坂路・不良55.6 - 40.5 - 27.2 - 13.6 一杯に追う(-)

フェーラシュヴァル
11/22  名古屋・角田輝厩舎
ダートコースでキャンター調整を行っています。「ダク1400mと20秒くらいのキャンター調整2800mを行っています。先週よりもキャンターの量を増やしていますが、脚元の状態はいい意味で変化は見られません。速いところを2本くらいは行ってから競馬へ向かいたいので、今のところ12月初旬の競馬を目標にしています」(角田輝師)

ゴールデンレシオ
11/22  宇治田原
坂路コースで1本目にハッキング~ハロン20秒を行い、2本目にハロン18秒のキャンターを消化しています。また、週2回は坂路コースで終いに15-15を取り入れています。「前脚は相変わらず疲れが溜まりやすいところがあるので、人間でいう温湿布のようなものでケアをしています。完全にスッキリとはいかないのですが、それでもこの中間から坂路で15ー15をコンスタントに乗っているように、状態が悪くなるようなことはありません。馬体が立派ですし、可能な限り進めて絞っていきつつも、負荷がかかり過ぎないように注意していきます」(牧場担当者)

キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。