スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1歳馬2頭に期待する

マージービート
11/2  宇治田原
周回コースで軽めのキャンター2400mと、坂路コースでハロン18秒のキャンターを行っています。また週1~2回は坂路コースで15-15を消化しています。 「速めを取り入れた後もカイバ喰いは安定していますし、状態は少しずつ上向いてきていますね。まだ乗り込み数はそれほど多くないので引き続きしっかりと負荷をかけていきますが、ここまではイメージ通りに調教を進めることが出来ていますよ」(牧場担当者)

フェーラシュヴァル
11/1  名古屋・角田輝厩舎
ダートコースで軽めの調整を行っています。「右前球節の症状はほぼ落ち着いてきたので、そろそろキャンターへ移行しようと思っていたのですが、感染症の影響で四肢に腫れが出てしまいました。3日間ほど休ませて症状は緩和されてきたのですが、まだムクミが残る状態なのです。昨日からダクを再開したところですが、もうしばらくは軽めの調整で様子を見ることになるでしょう」(角田輝師)

ゴールデンレシオ
11/2  宇治田原
坂路コースで1本目にハッキングを行い、2本目にハロン18秒のキャンターを取り入れています。「この中間も坂路のみの調整を行っています。調教を行った後の歩様は問題ありませんし、翌朝の馬体チェックの際も脚元は落ち着いています。今後も脚元を見ながらの調整になりますが、少しずつ調教を重ねていきたいですね」(牧場担当者)

42.オールザウェイベイビーの10
10/31  NF空港
馬体重:444kg 
環境の変化にすぐ順応してくれたように賢い面を垣間見せています。少し高めだったテンションも落ち着いており、カイバ喰いも安定しています。すでに初期馴致を終えており、現在は角馬場でのフラットワークをこなしています。今後も基礎体力の強化をメインに調整を進めていきます。

52.ブルーメンブラットの10
10/31  NF空港
馬体重:494kg 
入場当初は慣れない環境に戸惑っている印象でしたが、現在はリラックス出来ています。すでに初期馴致を開始しており、近々ロンギ場でのフラットワークを開始する予定です。カイバ喰いも良好でGI馬となった母の産駒らしい気品を感じさせます。体調面にも全く不安はありません。

キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。