スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3歳馬以上は引退でいいよ

マージービート
7/6  宇治田原
周回コースで軽めのキャンター2400mと坂路でハッキング程度を行っています。また、週2回は坂路でハロン18秒のキャンターを取り入れています。「軽めに動かしながら状態を見ていても問題はなさそうでしたし、少しづつ負荷をかけ始めています。これくらいのペースで乗って問題ないようならば毎日坂路へ入れていくことになると思いますので、状態をしっかり見ながらそのタイミングを図っていきます」(牧場担当者)

ソルシエール
7/6  NF空港
周回ダートコースでダクを500mとハロン25秒のキャンター2500mを行っています。また週2回は屋外直線坂路コースでハロン16秒のキャンターを行っています。「週2本ですが坂路でしっかりと負荷をかけることができていますし、ソエの症状が見られた脚元も問題なく進めることができています。欲を言えばもっと時間をかけられればと思うところもありますが、時間に限りがありますし、放牧当初の見立て通りに進めることができているのは悪くないでしょう」(空港担当者)

エカルラート
7/7  グリーンW
8日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。
7/5  グリーンW
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1回は15-15を行っています。「特に問題なく乗り進められているので、先週末から15-15を取り入れ始めました。体もふっくらしていい状態ですし、速い調教を行っても体調に陰りは見えません。いつ声がかかってもいいように、しっかりと調整を進めていきます」(GW担当者)

フェーラシュヴァル
7/6  NF空港
屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを行っています。「坂路での調教を開始してからも状態は安定していますし、心身のいいリフレッシュにつながっているのでしょう。検疫次第では今週の函館競馬場への移動も考えていますので、それまではしっかり乗って少しでもいい状態で送り出せればと思います」(空港担当者)

キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。