スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして誰もいなくなった

マージービート
6/29  宇治田原
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「こちらに到着して間もないので、まずはマシンで軽めに動かしながら状態を確認しています。レース後の放牧ではありますが、カイバ喰いは安定していますし、今のところ体調面で不安はありませんので、少しずつ乗り運動を開始していきたいと思います」(牧場担当者)
6/25  宇治田原
25日に宇治田原優駿ステーブルへ放牧に出ました。

ソルシエール
6/29  NF空港
周回ダートコースでダクを500mとハロン25秒のキャンター2500mを行っています。また週2回は屋外直線坂路でハロン16秒のキャンターを行っています。「馬体重は527キロと余裕が残っていますが、この中間もしっかりと調教を重ねる事ができていますし、脚元にも不安なく進められています。この調子で速めの開始につなげていきたいと思います」(空港担当者)

エカルラート
6/28  グリーンW
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週までと同様のメニューで調教を行っています。まだ15-15は行っていませんが、体はすっかり戻ってふっくら見せていますので、そろそろ速い調教を取り入れていこうと思っています。そう遠くなく帰厩の話も出ると思いますので、こちらもそのつもりで進めていきます」(GW担当者)

フェーラシュヴァル
6/29  NF空港
屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを行っています。「競馬を使ったなりの疲れは見られましたが、大きな反動はありませんでしたので早速坂路で乗っています。今後も状態を見ながらになりますが、帰厩後にスムーズに進めていけるようにあまり緩めずに進めていきます。馬体重は463キロです」

ゴールデンレシオ
6/30  NF空港
現在は1000m周回ダートコースをスローキャンターで3周半のメニューを基本に、週2回は1200m屋外直線ポリトラックコースをハロン16~17秒で2本元気に駆け上がっています。順調に進められていることもあり、馬体にはハリが出てきた印象です。またカイバ喰いも旺盛で、体調面にいっさい不安はありません。

キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。