スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エカルは未勝利で終わりそうな予感!

グリフィス
6/2
浅見厩舎
1日は栗東坂路で15-15程度(62秒9-46秒0-エラー-14秒2)の調教を行いました。2日は軽めの調整を行いました。「輸送も控えているので、水曜日は15-15程度の調教で動きの確認を行いました。週末の日曜にはPコースで終い11秒台を計時しているように、素軽い動きができるようになってきているのはいい傾向ですね。前走後は長い距離に向かうことを考えていたのですが、続けて1800メートルを使って良化具合を見てみたいということもあり、今週の東京に出走することにしました。ダービージョッキーの手腕にも期待したいところですね」(浅見助手)5日の東京競馬(ホンコンJCT・芝1800m)に池添騎手で出走いたします。
5/29
浅見厩舎
6月5日の東京競馬(ホンコンJCT・芝1800m)に特別登録を行いました。ホンコンJCTはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて21頭の登録があります。
11/6/1(水) 田中健
栗坂路・稍重 62.9 - 46.0 - **.* - 14.2 馬なり余力(-)
11/5/29(日) 田中健
栗東P・良 67.7 - 51.6 - 36.3 - 11.5 馬なり余力(8)

マージービート
6/1
アカデミー牧場
周回コースでハロン18秒のキャンター調整を行い、ラスト半マイルは16-16を取り入れています。「日によっては16-15くらいまでは乗っていますし、この中間も順調に調教を進めることができています。帰厩は検疫次第で確定はしていませんが、調教師からも近いうちの帰厩を示唆されていますので、引き続きしっかりと負荷をかけて状態をアップさせていきます」(牧場担当者)

ソルシエール
5/31
NF空港
周回ダートコースでダクを500mとハロン25秒のキャンター2500mを行っています。「引き続き周回コースでじっくり乗りながら進めています。脚元はいい意味で変わらず推移していますが、負荷を強めていくにはもう少々安定感が出てきてほしいところですので、今後も状態をしっかり見極めながら取り組んでいきます。馬体重は506キロです」(空港担当者)

エカルラート
6/1
グリーンW
「これまでのレース内容からダートは合いそうだと思っていたのですが、予想以上に走りづらそうで、この馬の良さを活かすことができませんでした。レース後の状態は問題ありませんが、ある程度間隔をあけないと芝レースへの出走は難しいので、2、3週の予定で放牧に出して次走に備えていきます」(平田師)1日にグリーンウッドへ放牧に出ました。
5/28
平田厩舎
28日の京都競馬ではスタート後の芝部分で楽に先行し、好位をキープ。しかし、3コーナーからペースが上がるとついて行けず、直線での伸びを欠いて10着。「返し馬の感じからはダートもこなしてくれそうな雰囲気だったのですが、実際レースに行くと前へ進んでくれませんでした。スタート後の芝部分の走りは良かっただけに、やはり芝でしぶとく粘り込むような競馬が合っていると思います。続けて乗せていただいたのに結果を出せず申し訳ありません」(藤懸騎手)「芝からダートに条件を変えることで最後のひと押しにつながればと思ったのですが、道中は押っつけながらの追走になりましたし、行きっぷりの悪い走りを見るとやはり芝のほうがいいのかもしれませんね。中間はカイバをしっかり食べていい雰囲気でレースに臨めただけに悔しい結果になってしまいましたが、態勢を立て直して巻き返したいと思います。今後は今のところ放牧に出して間隔を空ける予定です」(平田師)しぶとく脚を使うこの馬にとってダートは合うと思われましたが、今日のレースを見る限りではやはり芝でこそ持ち味が発揮されるようです。この一戦は度外視してもいいでしょうし、間隔を空けて改めて芝レースで巻き返しを図りたいと思います。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから決定しますが、今のところ一度放牧に出して調整し、次開催京都を目指す予定です。

フェーラシュヴァル
6/1
笹田厩舎
1日は栗東Pコースで追い切りました。「今朝はある程度強めにやろうと思っていましたし、雨で馬場が緩んでいましたので、負担がかかり過ぎないようにPコースで追い切りました。調教の動きやタイムはまずまずでしたし、乗り込むごとに体がしっかりしてきた印象です。以前は体力が付ききっていなかったため呼吸が荒かったのですが、そのあたりも徐々に落ち着いてきていますね。芝、ダートのどちらで使うか悩んでいるのですが、来週のダート戦ならば福永騎手が乗れるということなので、今のところそちらへ向かうつもりです。芝の可能性もゼロではありませんが、この時期は雨が降る可能性も高いですし、現状の体力的では、緩んだ馬場はタフな条件になってしまいますからね。引き続き状態をしっかり見つつ乗り込み、いい状態に仕上げていきたいと思います」(笹田師)今のところ11日の阪神競馬(3歳未勝利・ダ1800m)に福永騎手で出走を予定しています。
11/6/1(水) 助手
栗東P・良 62.8 - 49.6 - 37.0 - 12.2
シルバーキセキ(古1000万)馬なりの内0.6秒追走0.5秒先着 一杯に追う(7)

ゴールデンレシオ
5/31
NF空港
現在は1000m周回ダートコースをスローキャンターで3周半のメニューを基本に、週2回は900m屋内坂路コースをハロン16~17秒で2本元気に駆け上がっています。暖かくなってきたことで毛ヅヤも良くなり、好馬体にさらに磨きがかかってきた印象です。また精神的に落ち着きがあるのも今後に向けて強調材料の一つです。

キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)





グリ、もうだめだろう?
とても府中へ見に行く気になれない。

マージー、クラス落ちまでに1つ勝って欲しかったが・・・
もう500万クラスは勝てないかもね~
あとは障害転向でもするか?

ソルシ、ソエがどうか?
つうかもう残された期間で勝ち上がるのは厳しいと思う。

エカル、藤懸の玩具になった時点で勝つのを諦めました。
未勝利で終わるでしょう残念です。

フェラ、どうなのか?
残りの期間で勝てるのか?
期待したが・・・
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。