スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まとめてアップ

グリフィス
5/10
宇治田原
周回コースで軽めのキャンター2400mと坂路コースでハロン18秒のキャンター調整を行っています。また、週1回は坂路コースで15-15を行っています。「この中間から速めを開始しました。いい意味で気になる点はありませんし、調教師からもコンスタントに速めを取り入れてほしいと指示を受けています。今後もこの調子で負荷を重ねていきます」(牧場担当者)
5/3
宇治田原
周回コースで軽めのキャンター2400mと坂路でハロン18秒のキャンター調整を行っています。「状態は引き続き安定していましたので坂路で負荷をかけ始めています。この中間に浅見調教師が来場し状態を確認してもらいましたが、引き続きこの調子で乗り込んで欲しいと話していました。帰厩のタイミングを計りながら速めの開始につなげていきます」(牧場担当者)

アンプレヴー
5/12
栗田徹厩舎
14日の新潟競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1200m)に西村騎手で出走いたします。
5/11
栗田徹厩舎
11日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒7-53秒8-40秒4-13秒7)。「今朝はウッドチップで追い切りましたが動きはよかったですし、いいい負荷をかけることができたと思います。前回は転厩初戦ということもあり様子を見ながらの調整でしたが、今回は少し攻めを強くしました。それでも馬が堪えるようなところはありませんし、こちらが思っているより攻めても大丈夫そうですね。今までの戦績を見ても集中力が持続できるか否かで結果が変わりそうですし、場合によってはブリンカーなどの装着も検討しています。牝馬限定戦を本線で考えていますが、頭数が多ければ翌日も考えています。いいスピードを持っている馬なのでうまくスタートを切って流れに乗って欲しいですね」(栗田徹師)14日の新潟競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1200m)あるいは、15日の新潟競馬(4歳上500万下・ダ1200m)に出走を予定しています。
5/5
栗田徹厩舎
4日は軽めの調整を行いました。5日は美浦坂路で追い切りました(51秒9-計時不能-26秒0-13秒2)。「前回の調整過程では比較的ソフトに接してきました。前走でナイーブなところは見せていた反面、少しズルいところがあるのかレースを終えてもケロッとする一面がありました。小柄な牝馬だからと言って可愛がりすぎても良くないのかもしれませんので、今回は少し攻める調教を心がけるようにしています。そのため、今朝の追い切りは坂路でビシッと行いました。テンから気持ちを乗せるような形だったので終いは13秒台なものの、全体は51秒後半のところ。動き自体は悪くないですし、テンションが変な方向へ行っていることもありませんから、このまま進めてみます。前走からそう間が空いているわけでもないので、態勢を整えるのにはそれほど時間を要さないでしょう。出馬状況次第でもありますが、早ければ来週の限定戦をメインに考えるつもりです」(栗田徹師)今のところ14日の新潟競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1200m)に出走を予定しています。
4/29
栗田徹厩舎
29日に美浦トレセンへ帰厩しました。
11/5/11(水) 助手
美南W・重 68.7 - 53.8 - 40.4 - 13.7 馬なり余力(-)
11/5/8(日) 助手
美南P・良 55.5 - 41.1 - 13.1 馬なり余力(6)
11/5/5(木) 助手
美坂路・良 51.9 - **.* - 26.0 - 13.2
クィーンズトレイル(三未勝)馬なりに0.5秒先行同入 馬なり余力(-)
11/5/1(日) 助手
美坂路・良 56.7 - 43.0 - 29.7 - 15.2 馬なり余力(-)

マージービート
5/10
アカデミー牧場
周回コースでハロン18秒のキャンター調整を行い、ラスト2ハロンは16-16を取り入れています。「15-15を行う予定だった日の馬場が雨で緩くなっていたので、速めは無理に取り入れていませんが、引き続き馬の状態は好調です。馬体の張りも悪くないですし、この流れを保ちつつ進めていきたいですね」(牧場担当者)
5/3
アカデミー牧場
周回コースでハロン18秒のキャンター調整を行い、ラスト2ハロンは16-16を取り入れています。また、週1回は15-15を取り入れています。「この中間も好調を維持していましたので速めを取り入れています。現状で具体的な移動の話は出てはいませんが、調教を重ねることで動きや息の入りは確実に良化してきていますし、この調子で帰厩につなげていきたいですね」(牧場担当者)

ソルシエール
5/10
NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「マシンで軽く動かしながら状態を確認しています。しばらくはじっくり進めていくことになりますが、必要であればレーザー治療を施すなど、少しでも早く競馬に戻れるように状態の改善を図っていきます」(空港担当者)
5/3
NF空港
軽めの調整を行っています。「ソエでこちらに戻ってきていますが、まだ到着して日が浅いので状態をしっかり確認しているところです。脚元が固まればもっとやれる馬ですし、可能な限り時間をかけて状態改善を図っていければと思います」(空港担当者)

エカルラート
5/11
平田厩舎
11日は軽めの調整を行いました。「数値的にはマイナス4キロと大きな減少ではなかったのですが、新潟に着いてからのカイバ喰いがいつもと比べると少なかったですし、そのあたりの影響もあったのかもしれませんね。それでもメンバーを考えれば結果を出してほしかったですし、しっかり態勢を立て直して巻き返しを図りたいと思います。今のところレースの疲れは見られませんので、明日から軽めに乗っていきます」(小林助手)
5/8
平田厩舎
8日の新潟競馬では道中3、4番手から進める。直線ではじりじりとした伸びになり、なかなか勝ち馬との差を詰められず4着。「ゲートが開いた直後にあおられてしまい、上にジャンプするようなスタートになってしまいました。すぐに先団に付けられましたし、そのままリズムを取り戻せればと思ったのですが、幾分ハミを噛み気味で時折頭が高くなってしまいました。それでも直線では手ごたえが残っていましたし、もっと伸びてくれると思ったのですが、追ってから伸び切れませんでした。いいスタートを切ることができませんでしたし、結果を考えればもっと積極的に乗ってもよかったかもしれません。せっかくいただいたチャンスだったのに、申し訳ございません」(藤懸騎手)「スタートであおられた部分はありましたが大きな遅れにはならなかったし、道中もそれなりに運べていたと思います。体も極端に減っていた訳ではなく、スタートやハミを噛んでしまったことを含めても、もっとやれなくてはいけないのですが、直線では思ったように伸びられませんでしたね。距離を短縮して最後のひと押しにつながればと思ったけど、結果を含めこれまでの競馬から大きな変化を見せられませんでした。調教はいい動きだったし、能力的にはもっと上位争いを期待していたのですが、最後のワンパンチが欲しいところですね。もちろん、入着をするように勝ち負けできる力はもっているはずですし、安定している条件を変えるのはなかなか難しいところもありますが、ダート戦を含め考え、少しでも勝機の近いレースを使っていきたいと思います」(平田師)スタートや道中と完璧に運べた訳ではありませんでしたが、それでも直線で思ったような脚を見せることができませんでした。安定した走りを見せているように勝機が近い馬ですし、なんとか先頭で駆け抜けることができるように様々な条件を視野に入れていきます。レース後はトレセンで状態を確認してから決めますが、問題ないようならば優先権利内での出走を目指して調整していきます。
5/5
平田厩舎
8日の新潟競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝1400m)に藤懸騎手で出走いたします。
5/4
平田厩舎
4日は栗東坂路で追い切りました(53秒9-38秒9-25秒3-12秒4)。「今朝はジョッキーを乗せて坂路で強め程度の時計を出しました。体重の軽い騎手とはいえ、余力十分に終い12秒4ですからね。デキは文句ありません。あとは輸送の前にゲートの確認をして、万全の状態で送り出したいと思います。輸送さえうまくこなしてくれれば、ここでは力が上だと思っていますよ」(平田師)8日の新潟競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝1400m)に藤懸騎手で出走を予定しています。
11/5/4(水) 藤懸
栗坂路・良 53.9 - 38.9 - 25.3 - 12.4 強めに追う(-)

フェーラシュヴァル
5/12
笹田厩舎
11日は栗東坂路で追い切りました(58秒6-43秒7-28秒8-14秒3)。12日は軽めの調整を行いました。「水曜日は坂路で15-15強め程度の時計を出しました。まだ体力がつききっていないせいか、DDSPのようなノドの音が聞こえたとのことですが、若駒にはよくある症状ですのでしっかり乗り込んでいって様子を見たいと思います。動き自体は問題ありませんし、徐々にペースを上げていきたいですね」(笹田師)
5/6
笹田厩舎
6日はゲート試験を受け、無事合格しました。「練習を始めて日にちは浅いですが、ここまで大きな問題もなく順調に進められてきたので、今朝試験を受けました。まだ発馬などは改善の余地があるものの、特に気になるところはなくスムーズに合格してくれました。これからはデビューへ向けてペースを上げた調教を開始していきます」(笹田師)
5/5
笹田厩舎
5日はゲート練習を行いました。「先週金曜からゲート練習を行っていますが、寄りや駐立はスムーズで特に問題はありません。ここまでは非常に順調ですし、発馬も練習のたびに良化していますよ。まだスタートしてからフラフラするところはありますが、これなら近々試験を受けられそうです」(笹田師)

ゴールデンレシオ
5/13
NF空港
馬体重:538kg 
現在は1000m周回ダートコースをスローキャンターで3周半のメニューを基本に、週2回は900m屋内坂路コースをハロン16~17秒で2本元気に駆け上がっています。体調や脚元に全く不安はありませんが、まだ動きに力強さが足りないのが現状です。今後はすぐにペースを上げるのではなく、じっくりと進めていく予定です。

キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



グリフィス
障害レースで使えないならもうダメでしょう!
平地では惨敗続きだしねぇ~
そろそろ引退かなぁ

アンプレヴー
栗田先生は、色々考えてくれているみたいだが・・・
所詮、藤原先生に捨てられた仔だからなぁ
もう繁殖に上げてもいいと思う。

マージービート
クラス落ちの前に1つ勝って欲しいけど無理かな?
理想は500万勝ち(地方交流)、クラス落ちの500万勝ち(地方交流)
ダメなら障害でもいいや~

ソルシエール
期待していなかったデビュー戦で、頑張ったから期待したけどその後がズルズル。
しかもソエで、レーザーするとかしないとか。
残りの時間考えると厳しい。

エカルラート
とにかく勝たせてください。
先生は、所属騎手の初勝利を上げさせたかったのだろうけど・・・
こっちには関係ないので腕のある騎手でお願いします。

フェーラシュヴァル
安い馬には安い馬の理由がある。
今更、DDSPって言われても困る。
期待できそうにないなぁ
とりあえずデビューできればいいや~

ゴールデンレシオ
大型馬だから時間がかかりそう。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。