スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリフィス出走

グリフィス
4/14
浅見厩舎
13日は栗東坂路で追い切りました(54秒7-エラー-25秒7-12秒9)。14日は軽めの調整を行いました。「水曜日は坂路で強め程度の追い切りを行いました。先週は前半かかり気味に行ってしまったので、今週は終い重点。見習い騎手が乗ったとはいえ、余力残しで終い12秒9なら上々でしょう。放牧先ではしっかり乗り込んで絞ってもらっていたので、このひと追いでさらに締まってくると思います。小倉と両にらみで考えていましたが、52キロのハンデが魅力なので、阪神を使うことにしました」(浅見師)17日の阪神競馬(蓬莱峡特別・芝1800m)に北村宏騎手で出走いたしますす。
4/10
浅見厩舎
17日の阪神競馬(蓬莱峡特別・芝1800m)と小倉競馬(宇佐特別・芝2000m)に特別登録を行いました。蓬莱峡特別はフルゲート18頭のところ本馬を含めて26頭、宇佐特別はフルゲート16頭のところ本馬を含めて22頭の登録があります。
11/4/13(水) 見習
栗坂路・良 54.7 - **.* - 25.7 - 12.9 強めに追う(-)
11/4/10(日) 見習
栗坂路・稍重 **.* - 40.1 - 26.3 - 13.6 叩き一杯(-)

アンプレヴー
4/12
榊原S
周回でキャンター調整を行っています。「カイバの喰いに不安定なところがありましたが、だいぶ上向いてきたように感じます。それに伴い、調教の距離を2500mにして、強弱をつけながら乗っています。カーッとしながら走る一面があるのでもっと肩の力を抜いて走れるようにしてあげることが大事ですが、彼女に合いそうな乗り手を乗せて少しでもリズム良く走れるようにしています」(牧場担当者)

マージービート
4/12
アカデミー牧場
周回コースでハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「状態を確認するため軽めに乗っています。レースを使ったなりの疲れは見られますが、乗れない状態ではありませんし、今後も乗りながらリフレッシュを促していきます」(牧場担当者)
4/9
アカデミー牧場
9日にアカデミー牧場へ放牧に出ました。

ソルシエール
4/14
宮厩舎
13日は栗東坂路で追い切りました(56秒6-41秒9-27秒2-13秒3)。14日は軽めの調整を行いました。「ソエが両前に出てきており、少しチクチクしている状態です。押さえて痛みがあるわけではないので、出走には問題ない程度ですが、無理して今週使うことはないだろうと判断しました。どうしてもスタートで後手を踏んでしまいがちなので、3場開催になる来週以降の方が頭数も落ち着いてレースをしやすいでしょうし、相手関係などを見ながら、来週以降に使っていきたいと思います。水曜日は15-15強めくらいの時計を出していますが、ソエの影響もなく動きは上々ですよ」(宮師)
4/6
宮厩舎
6日は軽めの調整を行いました。
11/4/13(水) 藤岡康
栗坂路・良 56.6 - 41.9 - 27.2 - 13.3 馬なり余力(-)
11/4/10(日) 助手
栗坂路・稍重 60.4 - 43.6 - 28.4 - 14.0 馬なり余力(-)
11/4/2(土) 助手
栗坂路・良 65.9 - 46.4 - 30.0 - 14.5 馬なり余力(-)

エカルラート
4/12
NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1回は15-15を行っています。「引き続きコンスタントに15-15を交えて、帰厩に向けた調整を行っています。平田調教師とも近々の帰厩の相談をしていますし、さらにいい状態へ持って行けるように心がけていきます」(NFしがらき担当者)

フェーラシュヴァル
4/12
NF空港
屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター2本を行っています。「この中間も坂路で精力的に運動をこなしてくれいてます。動きにもう少し余裕が出てくれてば速めを開始できるでしょうし、速めを行えれば徐々に移動も視野に入ってくると思います」(空港担当者)

ゴールデンレシオ
4/15
NF空港
馬体重:545kg 
現在は1000m周回ダートコースをスローキャンターで3周半のメニューを基本に、週1回は900m屋内坂路コースをハロン18~20秒で2本元気に駆け上がっています。体調・脚元に不安はありませんが、一度トモに疲れが出た馬ですので、しばらくは登坂回数を増やさずに現状のメニューで様子を見ていくことになるでしょう。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。