スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2歳馬ダメすぎる

カルナバリート
10/9/21
山元TC
坂路でハロン17~18秒のキャンター調整を行っています。「乗り出して最初のころは硬さが気になりましたが、継続して動かしていくうちにその硬さも緩和されているように感じるので悪くないですね。秋競馬に向けてじわじわと乗り進めて、再度トレセンへ送り出せるように進めていきます」(山元担当者)

グリフィス
10/9/23
札幌競馬場
23日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は積極的にうまく運んでくれましたが、久々の分最後の粘りを欠いてしまいました。とはいえ、近走は前々での競馬ができていませんでしたから、悲観する内容ではありませんし、次につながるレースだったと思います。馬体に余裕がありましたし、一度使って状態は上向くでしょう。元々使いつつ良くなるタイプですから、このまま札幌開催の最終週を目指したいと思います」(浅見師)10月2日の札幌競馬(ライラック賞・芝2000m)もしくは3日の札幌競馬(摩周湖特別・芝1800m)のいずれかに出走を予定しています。
10/9/20
札幌競馬場
20日の札幌競馬ではスタート後ムチを入れながら先手を奪い終始逃げる展開も、直線入り口から徐々に手ごたえが怪しくなり8着。「ズブいところがある馬だし、押しながら積極的に行きました。休み明けということもありさすがに最後は厳しくなりましたが、今後につなげるためにも終始気を抜かないよう進めました。展開を味方につけられればもっと上位争いが可能な馬ですし、一度使って次はもっと前進できるでしょう」(田中勝騎手)積極的な競馬を試みましたが、放牧明けの影響か最後は息が上がってしまいました。一度使っての上積みがあるでしょうし、次走の巻き返しに期待したいと思います。今後はレース後の状態を確認し、適鞍を探っていきます。

アンプレヴー
10/9/22
NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「外枠だった分、スムーズに走りすぎて脚を溜める場面がなかったことがマイナスに出てしまった感じです。状態は良かったので、結果が出せなくて残念です。放牧先で調整してもらって、タイミングを見て栗東に戻すことになるでしょう」(藤原英師)「レース直後ということもあり、様子を見ていますが馬体に目立った傷みはないようです。この分ならそう時間をかけずに乗り運動を開始することができそうです」(空港担当者)
10/9/21
NF空港
20日にNF空港へ放牧に出ました。
10/9/18
札幌競馬場
18日の札幌競馬では道中中団から進めるも、直線では思ったような伸びを見せられず7着。「スタートは悪くなかったし、まずまずのリズムで進められたんだけどね。前走などを考えればスムーズに運んでプラスになる部分はもちろんあるでしょうが、直線では手ごたえほど伸びなかったし、スムーズに行き過ぎるよりも道中でどこか脚を溜めるポイントがあったほうがいいのかもしれませんね」(武幸騎手) スタートが改善され持ち前のスピード勝負に期待がかかりましたが、手ごたえほど伸びず思ったような結果を出せませんでした。今後はレース後の状態を確認してから決めていくことになりますが、何とか浮上のきっかけを掴み、結果に結び付けたいところです。

マージービート
10/9/22
NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「蹄が万全でない中で最後の最後に勝って帰ってきてくれました。 一つ勝ったことで時間的なゆとりができました。目立った疲れは今のところ見られませんが、今後のいい走りを期待するためにまずは蹄の回復が大事。じっくり時間をかけて蹄が伸びるのを待ちたいと思います」(空港担当者)「先週の競馬は、正直どこまでやれるか分からないところがあったのですが、ほんとうに気持ちのいい勝ち方をしてくれましたし、何よりジョッキーの手腕が光りました。ここまで勝ち切れないレースが続きましたが、最後の最後に意地を見せてくれましたね。蹄のこともありますし、しばらくはゆっくりさせてあげたいと思います」(西園師)
10/9/21
NF空港
20日にNF空港へ放牧に出ました。
10/9/18
函館競馬場
18日の札幌競馬では道中内々で脚を溜める。勝負どころから徐々に先団との差を詰め直線ではスムーズなコース取りで突き抜けて優勝。「道中は単騎での追走になりましたが、自分のリズムで走っていましたし、しっかりと脚を溜めることができました。勝負どころで狙いどおり最内が空きましたし、スムーズに反応してくれましたね。これまで惜しい競馬が続いてしまっていたようですが、最終戦で自分が乗って結果を出せましたし、うれしい勝利を挙げることができました」(五十嵐冬騎手)多くのレースで入着を果たしていたように力があるのはわかっていましたが、最後のワンパンチが足りず勝ちきるまでには至っていませんでした。これまでのレースではワンペースになってしまったことがある中、今日は素晴らしい末脚を発揮し、後続を離して優勝してくれました。今日の勝利が本馬にとって本当に大きな1勝になったことは言うまでもなく、引き続きその成長を見守って行きたいと思いますが、直線ではトモを落とすシーンもあり、今後脚元を含め慎重に状態を確認して疲れを癒していく必要がありそうです。今後は放牧に出して疲れを癒すことを考えています。

ソルシエール
10/9/22
NF空港
ウォーキングマシンでの運動を併行して、トレッドミルでダクを10分を行っています。「コースには入っていませんが、きっちり負荷のかかるトレッドミルを行っていることで着実に調子は上向いている感じです。今後もいい状態で馬場入りできるよう、しっかりと汗をかかせていきます」(空港担当者)

エカルラート
10/9/22
NF空港
屋外坂路コースでハロン16~17秒のキャンターを行い、週1回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター2本を行っています。「トモ脚に負荷のかかる坂路で調教を続けても違和感は見られないので、週1回はより負荷のかかる屋内坂路での調教も取り入れています。このままじわじわとペースアップしていきたいですね」(空港担当者)

フェーラシュヴァル
10/9/22
NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「いい雰囲気の中、調整を進めることができていましたが、トモ脚に幾分疲れを感じさせる動きが見られました。無理をするとかばって問題ないところに疲れが出てくるケースも考えられるので楽をさせることにしました。疲れ自体は軽いものなのでそう時間もかからず乗り運動を再開することができるのではと考えています」(空港担当者)




カルナバリート秋競馬に備えると言ってもなぁ
もうピークが過ぎた気がする。

グリフィスやはりもう1回北海道で使うのか!
ちと距離が短いような~

アンプレヴーもうあまり期待できないなぁ
あと1年走らせるより引退させて、サンデー系の種牡馬と交配させて
その産駒をクラブで募集してくれないかな?

マージービート土壇場で勝ち上がり!!
やはり蹄がボロボロらしい当分は、回復に専念だなぁ

ソルシエール馬場入りできない年内デビューは無理だろう

エカルラートなんとか年内デビューできないかな?

フェーラシュヴァルもうすぐ移動かと思ったが調子を崩した。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

鎌田原成貴 : 2010/09/25 (土) 08:56:50

なかなか思うようにいかないですね

チームに相談できるシステムもほしいものです

アイス : 2010/09/25 (土) 10:29:14

調子を崩すのは仕方ないのですけどね~
せめて2歳デビューとは言わないまでも
新馬戦がある内にデビューして欲しいです。
デビュー戦が未勝利戦だとがっかりします。

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。