スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリ&マージー出走!

カルナバリート
10/6/15
山元TC
坂路でハロン17~18秒のキャンター調整を行っています。「移動後、レース後の疲れがドッと出てこないか慎重に見ていますが、今のところガタッと来た印象はありません。脚元も安定しており、問題なく乗り出すことができています。新潟を使いたいということですし、体調を見ながら競馬に間に合うように調整していければと考えています」(山元担当者)

グリフィス
10/6/17
函館競馬場
17日は軽めの調整を行いました。「函館に到着後、特に疲れを見せず順調に調整しています。間隔も詰まっていますが、そのあたりはさすがにタフで経験豊富な古馬ですね。水曜日はダートコースでサッと時計を出しましたが、脚さばきも良かったと聞いています。思惑どおり、開幕週でそれほど登録頭数も多くならず、ギリギリではありましたが無抽選で出走することができました。年齢的に大きな変わり身こそありませんが、安定して力を出せる状態にありますから期待できると思います」(浅見師)20日の函館競馬(HTB杯・芝2000m)に古川騎手で出走いたします。
10/6/16
函館競馬場
16日は函館ダートコースで追い切りました。20日の函館競馬(HTB杯・芝2000m)に出走を予定しています。
10/6/13
函館競馬場
20日の函館競馬(HTB杯・芝2000m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて17頭の登録があります。
10/6/16(水) 助手 函館ダ・稍重 60.1 - 43.4 - 13.7 馬なり余力(7)
10/6/13(日) 助手 函館ダ・良 57.8 - 41.8 - 13.3 馬なり余力(8)

アンプレヴー
10/6/14
NF空港
12日にNF空港へ到着しました。現在はウォーキングマシンでの運動を行っています。「先週の土曜日にこちらへ入場してきました。グリーンウッドでもしっかり乗られていたようですし、特に問題がなければ乗り運動のメニューへ移していきます」(空港担当者)

プルミエダンスール
10/6/13
グリーンW
軽めの調整を行っています。「右飛節のフレグモーネということで日曜にこちらへ移動してきました。血液検査をしましたが特に数値に異常はありませんし、腫れは残っているもののだいぶ下がってきています。腫れが引くまでは軽い運動程度で様子を見て、それから乗り出していく予定です」(GW担当者)
10/6/13
グリーンW
右飛節フレグモーネの状態が落ち着いたため、13日にグリーンウッドへ放牧に出ました。
10/6/12
岡田厩舎
「12日、右トモの飛節に傷腫れが見つかり、獣医に見せたところ、フレグモーネと診断されました。なかなか腫れが引かず、熱もあることから、週明けに一度短期放牧に出して立て直します」(岡田師)近日中にグリーンウッドへ放牧に出る予定です。

アルメーリヒ
10/6/15
グリーンW
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「腰に関しては、もう心配はいりません。まだ筋肉は戻りきっていませんが、カイバ喰いが良く馬体が増えていますので、順調にペースを上げながら乗り込めています。このままなら近々15-15に移行できるでしょうし、馬体もしっかりしてくると思います」(GW担当者)

マージービート
10/6/17
函館競馬場
17日は軽めの調整を行いました。「水曜日はウッドコースで追い切りました。時計はあまり出ていませんが、函館のウッドの状態があまり良くない上に昨日は雨だったそうなので仕方ありません。幸い函館に到着後体調に不安もなく、週末もしっかり乗っているので、長距離輸送明けでも状態は良さそうです。ダート1700mの番組が多く、頭数も手頃な開幕週を狙って移動しましたし、レースの選択も想定を見てしっかり検討しましたから、今回こそはなんとかしてほしいですね」(西園師)19日の函館競馬(3歳未勝利・ダ1700m)に酒井騎手で出走いたします。
10/6/16
函館競馬場
16日は函館Wコースで追い切りました。19日の函館競馬(3歳未勝利・ダ1700m)もしくは20日の函館競馬(3歳未勝利・ダ1700m)に出走を予定しています。
10/6/16(水) 助手 函館W・稍重 71.1 - 55.4 - 40.0 - 13.3
ピエナビーナス(古オープン)強めの内0.6秒先行0.2秒遅れ 強めに追う(6)
10/6/13(日) 助手 函館W・良 68.8 - 54.7 - 39.9 - 13.2 強めに追う(5)

ソルシエール
10/6/15
NF空港 馬体重:477kg
この中間も順調に調教を積んでいます。現在は900m屋内坂路コースを毎日ハロン15~16秒で2本元気に駆け上がっています。調教時の動きがだいぶ良化してきたので、さらに調教の負荷を強めています。少しカリカリした面を見せ始めているので、ここからは慎重に進めていきます。

エカルラート
10/6/15
NF空港 馬体重:423kg
先月に引き続きウォーキングマシンでの調整で様子を見ています。疲れはだいぶ癒えてきていますので、近いうちに騎乗運動を再開する予定です。運動量を抑えていますが、毛ヅヤも良く体調面の不安はまったくありません。

フェーラシュヴァル
10/6/15
NF空港 馬体重:452kg
現在はトモへの負担を考慮し、ポリトラックコースをメインに進めています。現在は400m周回コースでウォーミングアップした後、1200m屋外坂路コースをハロン17秒で1本元気に駆け上がっています。今のところ脚元は安定していますが、今後も左トモの状態を確認しながら徐々に負荷を強めていきます。




マージー、藤田騎手の馬に負けそう・・・
今回、ダートで負けるたら芝の長距離を試して欲しい。
ダートの1700m、1800mで勝ちきれないのだから・・・
芝の2000m以上を1回試して欲しい。

このまま未勝利引退では納得できない!
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。