スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリ4着

カルナバリート
10/6/3
藤沢則厩舎
5日の京都競馬(天王山S・ダ1200m)に上村騎手で出走いたします。
10/6/2
藤沢則厩舎
2日は栗東坂路で追い切りました(52秒7-エラー-エラー-12秒9)。「終い1ハロンはもう少し時計を詰めたかったところですが、全体の時計は十分出ていますから上々の内容と言えます。この中間も順調に乗り込んで馬体に硬さはありませんし、いい状態でレースに向かえそうです。ハンデも54キロと手頃ですし期待しています」(藤沢則師)「久々に追い切りに跨りましたが、以前よりも道中我慢ができていましたし、終いの伸びも良かったですね。多少太いように感じますが、好調時はそういう印象を抱かせるタイプですし、うまく流れに乗れればいい競馬ができると思います」(上村騎手)5日の京都競馬(天王山S・ダ1200m)に上村騎手で出走を予定しています。
10/5/30
藤沢則厩舎
6月5日の京都競馬(天王山S・ダ1200m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて33頭の登録があります。
10/6/2(水) 上村 栗坂路・良 52.7 - **.* - **.* - 12.9 馬なり余力(-)

グリフィス
10/6/4
浅見厩舎
4日に函館競馬場へ入場しました。
10/6/3
浅見厩舎
3日に函館競馬場へ向けて栗東トレセンを出発しました。
10/6/2
浅見厩舎
2日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は最後までこの馬らしい粘り強さが見られました。ゲート内で前掻きするのは変わらないのですが、スタート自体は以前よりもだいぶ良くなっていますし、今後に向けても収穫の多い内容でした。レース後は特に馬体に疲れなどは見られません。小回りで力のいる北海道競馬は合っていると思いますから、今のところ今週中に函館に移動する予定でいます」(浅見師)
10/5/30
浅見厩舎
30日の東京競馬では好位でスムーズにレースを進め、直線では内をジリジリと伸びて4着。「中京で勝ったレースを見ていて、スミヨンがビッシリ追ってきたのを知っていたので、そういう競馬をするように心がけました。ハミをガッチリ取ってしまうと行きたがるので、返し馬で抜けるように工夫して、それもうまくいきましたね。一瞬行けるかと思ったので結果は残念でしたが、今日のようなレースができればすぐに勝ち切れそうですよ」(福永騎手)「以前中京で勝った時に福永騎手と一緒に見ていたので、馬の特徴などは楽に伝えられました。ビッシリ追ってほしいと思っていましたが、そのとおりに乗ってくれましたし、うまく内でスムーズに進めて、この馬の良さを引き出してくれたと思います」(浅見助手)結果は4着でしたが、鞍上がこの馬の長所である粘り強い脚をうまく引き出して差のないレースをしてくれました。このクラスにメドが立ち、今後に期待が持てる内容でした。このあとは馬体を確認して続戦するか放牧に出すか検討します。

アンプレヴー
10/6/3
グリーンW
近日中にNF空港へ移動し、函館競馬を目指す予定です。
10/6/1
グリーンW
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1~2回は15-15を行っています。「コンスタントに15-15を乗って、しっかりと動ける基礎を作っています。まだ毛が長く馬体の見栄えはもうひとつですが、汗を流せる気候になっていますから、毛ヅヤは少しずつ良化していくでしょう。しっかりと乗り込むことでいい筋肉をつけていくように促していきます」(GW担当者)

プルミエダンスール
10/6/3
岡田厩舎
3日に栗東トレセンへ帰厩しました。
10/6/1
宇治田原
周回コースで軽めのキャンター2400mの後、坂路でハロン18~20秒程度のキャンターを行い、週1回は坂路で15-15を取り入れています。「体調、精神面ともに良好でしたので、この中間から速めを開始しています。動きに関してはまだ良化を促したいところが残っていますが、全体の流れとしては悪くありません。引き続き乗り込みを続けて、速めの本数を重ねていきたいと思います」(牧場担当者)

アルメーリヒ
10/6/1
グリーンW
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「膿みが出ていた腰部分はだいぶきれいになりました。痛みや腫れもなくもう心配はいらないでしょう。2週間近く乗っていなかったこともあって体がしぼんで見えますので、まずは周回コースで長めのキャンターを乗ってじっくりと調整してから、次の段階に移行していく予定です」(GW担当者)

マージービート
10/6/3
西園厩舎
3日は軽めの調整を行いました。「この中間も特に気になるところはなく、乗り出してからの状態も変わらずいいですね。前走は納得のいかない負け方でしたが、幸い馬体に異常もありませんし、メンバーの楽な函館へ移動することにしました。移動後の状態が良ければ、頭数が揃わない開幕週から使っていきたいと思います」(西園師)8日に函館競馬場へ向けて栗東トレセンを出発する予定です。
10/6/2
西園厩舎
2日は軽めの調整を行いました。

ソルシエール
10/5/31
NF空港
現在は900m屋内坂路コースを毎日ハロン15~16秒で2本元気に駆け上がっています。一時期、楽をさせていたとは思えないほど順調にトレーニングを積むことができており、仕上がりには太鼓判を押すことができます。馬体重はそれほど変わりませんが、速めの調教を進めていることで体つきはシャープになってきました。

エカルラート
10/5/14
NF空港
右トモの疲れが完全には抜けきっていないため、現在もウォーキングマシンでの運動を行っています。まだ成長が見込める馬体ですので、疲れがしっかり癒えるのを待ってから騎乗運動を再開する予定です。今のところカリカリする面は見せていませんが、今後もテンションを上げないようにていねいに接していきます。

フェーラシュヴァル
10/5/31
NF空港
周回コースでの調教のみで楽をさせていましたが、症状の回復がうかがえたため坂路調教を再開しています。現在は400m周回コースをハロン22~23秒のキャンターで3周半した後、1200m屋外坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで毎日1本元気に駆け上がっています。今回のペースダウンは残念でしたが、乗り味の良さに変わりはなく、まだ成長の余地も多分に感じられますので、焦らずじっくり進めていきます。







カルナ、54kgで出走!
ここは2走前のような好走を期待する。
上村騎手に期待したい!

グリは、函館へ行くのか!
浅見先生は、数使ってくれるので楽しめるな~
浅見厩舎の馬に出資したくなった。

アンプも函館へ行くみたい。
そのまま引退で良い!
もう期待できなし…。

プルミエ、TOになった馬だ!
もう何の期待もない!
ただテンテの様な引っ張りだけは勘弁して欲しい!

アルメ勝ったもののその後が…全然ダメ過ぎる!

マージー
この馬もこの厩舎じゃ勝てないかもしれない。
岡田&西園厩舎は、くそ厩舎だ!
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。