スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

inペルシステンテoutプルミエダンスール

カルナバリート
10/3/24
藤沢則厩舎
24日は軽めの調整を行いました。「先週末から時計を出すつもりでしたが、蹄に多少熱っぽさがあったため、今週までは軽めの乗り込みを続けることにしました。こちらでずっと見てもらっている装蹄師さんと相談して削蹄をして今はスッキリしていますから、このあとは無理なくペースを上げていけると思います。馬の状態を見ながらですが、引き続き京葉Sを目標に乗り込んでいく予定です」(藤沢則師)

グリフィス
10/3/25
浅見厩舎
「距離・コース適性などから中京に投票しましたが、ギリギリのラインで抽選に外れてしまいました。中山に1頭空きがあったので再投票することも考えましたが、美浦回りになってしまいますし、1週延ばして中山の2500mへ向かうことにします」(浅見師)27日の中京競馬(恋路ケ浜特別・芝2500m)は非当選除外になりました。4月3日の中山競馬(安房特別・芝2500m)に出走を予定しています。
10/3/24
浅見厩舎
24日は栗東坂路で追い切りました(55秒7-40秒2-25秒5-12秒5)。「今朝も普段どおり坂路で追い切りましたが、先週に引き続きこの馬としては上々の上がり時計で、2週続けてこれだけやれたのは具合がいい証拠だと思います。できれば中京の2500mに使いたいのですが、ここを狙っていた馬が多かったようで、予想以上に登録頭数が揃いました。想定を見て相手関係や空いているジョッキーなどをギリギリまで検討してから出走レースを決めたいと思います」(浅見師)27日の中京競馬(恋路ケ浜特別・芝2500m)に出走を予定していますが、相手関係などを考慮して、28日の中山競馬(千葉日報杯・芝1800m)も視野に入れて検討しています。
10/3/21
浅見厩舎
27日の中京競馬(恋路ケ浜特別・芝2500m)と28日の中山競馬(千葉日報杯・芝1800m)に特別登録を行いました。恋路ケ浜特別はフルゲート16頭のところ、本馬を含めて27頭の登録、千葉日報杯はフルゲート16頭のところ、本馬を含めて20頭の登録があります。
10/3/24(水) 助手 栗坂路・不良 55.7 - 40.2 - 25.5 - 12.5 一杯に追う(-)
10/3/21(日) 助手 栗坂路・稍重 59.9 - 43.8 - 29.1 - 13.9 馬なり余力(-)
10/3/18(木) 助手 栗坂路・稍重 53.6 - 39.1 - 25.3 - 12.6 叩き一杯(-)

ペルシステンテ
10/3/25
岡田厩舎
25日は軽めの調整を行いました。「水曜日に今村騎手が騎乗して障害練習を行いましたが、ジョッキーはまだちょっと緩さを感じると言っていました。放牧先でも乗り込んでいたとはいえ、しっかりした障害練習をするのは久々ですし、今週の練習でまた変わってくるでしょう。来週の競馬を予定していましたが、今村騎手に先約があるとのことです。できることならずっと調教をつけてくれている騎手のほうがいいでしょうから、馬の仕上がり状況も含めて1週延ばすことも検討しています」(内山助手)4月3日の阪神競馬(4歳上障害未勝利・ダ2970m)もしくは10日の阪神競馬(4歳上障害未勝利・ダ2970m)に出走を予定しています。
10/3/24
岡田厩舎
24日は障害練習を行いました。
10/3/19
岡田厩舎
19日に栗東トレセンへ帰厩しました。「調教の動きも良く、検疫が確保できたため、本日帰厩となりました。こちらでは体調は安定して進められましたし、いい状態で送り出せたと思います」(牧場担当者)
10/3/25(木) 助手 栗東P・良 73.4 - 58.6 - 44.4 - 14.8 馬なり楽走(7)

アンプレヴー
10/3/23
グリーンW
ウォーキングマシン調整を行っています。「こちらに到着したあと、鼻出血の有無を調べる意味もあって内視鏡検査を行いました。今回のレースでは鼻出血していないという診断でしたが、古い血痕が少し残っており、引き続き注意は必要そうです。苦しいところがないように内面のケアを怠らないようにしつつ、週末から乗り出す予定です」(GW担当者)

プルミエダンスール
10/3/23
グリーンW
軽めの調整を行っています。「先週のレース後、21日にグリーンウッドへ移動してきました。初めての実戦で最後はしっかりと追われていましたし、念のため肩などのレントゲンを撮りましたが、骨に異常はありません。少し歩様はゴトゴトしていますが、馬自身は元気なので週末ぐらいから乗り出したいと思います」(GW担当者)
10/3/20
岡田厩舎
20日の阪神競馬ではスタートで後手を踏み後方からのレースとなり、直線でジリジリ伸びたものの10着。「既走馬相手の初戦ということもありますが、まだ走り方が分かっていないという印象でした。スタートでもポンと上に跳ねるような感じでしたし、砂を被って逃げ腰になっていましたからね。ただ、乗り味はいいし、いかにも使って変わってきそうですよ」(小牧騎手)「歩様に硬さがあり、ビッシリとは仕上げていない状態でしたし、後方からのレースになったのは仕方ありません。それでも最後の直線ではしっかりと伸びる格好をしていましたし、実戦を経験して得たものは大きいですね。間隔をあけないと出走が難しいので一度リフレッシュさせますが、使って良くなりそうな手ごたえもありますし、放牧先でも体を緩めないように調整してもらいます」(岡田師)既走馬相手で前半は追走に手間取りましたが、直線の脚どりはしっかりしており、次につながるレースができました。このあとは一度グリーンウッドへ短期放牧に出してリフレッシュさせて、次走に備える予定です。

アルメーリヒ
10/3/23
グリーンW
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1~2回は15-15を行っています。「先週末から15-15を取り入れましたが、馬体重は497キロとわずかながら増えているように、体調面はかなり良化してきたと言えます。調教を見ると馬の調子自体もだいぶ上向いていますから、近々の帰厩にも対応できる状態ですね。あとは帰厩まで馬体をさらにふっくらさせつつ緩めず動かしていきたいと思います」(GW担当者)

マージービート
10/3/24
西園厩舎
24日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は相手が強かったこともありますが、こちらも久々でしたからね。スムーズな競馬はできましたし、2着を確保したことで改めてこのクラスでは力上位であることを示せました。レース後は特に問題なく、馬も元気いっぱいですよ。ジョッキーもうまく乗ってくれましたし、引き続き酒井騎手で中1週の競馬を予定しています」(西園師)4月3日の阪神競馬(3歳未勝利・ダ1800m)もしくは4日の阪神競馬(3歳未勝利・ダ1800m)に酒井騎手で出走を予定しています。
10/3/20
西園厩舎
20日の中京競馬ではゲートを出てからやや行き脚がつかずに後方のポジション。向正面から外を回って上がっていき、直線入り口では先頭に立った勝ち馬を射程圏に入れるも最後まで捉え切れず2着。「相手は勝ち馬だと思っていたし、できるだけついていこうとしたのですが、スタートしてからなかなか進んでいかなかったですね。いつもはもう少し行きっぷりがいいのですが、休み明けだったこともあったのかもしれません。手ごたえがちょっと怪しくなったので早めに上がっていった分、外を回る形になってしまいましたが、最後まで止まらず踏ん張ってくれました。やはり力はありますね。枠が内のほうならもっと差を詰められていたと思います」(酒井騎手)勝った馬は強かったですが、リフレッシュしたあとの休養明け初戦で、いきなりの好内容を見せてくれました。1週前追い切りで好時計を出していましたが、まだ帰厩してからそう時間は経っておらず、実戦を使ったことで上積みが見込めるはずです。特に問題がなければ、このまま次走へ向かう予定です。



グリフィス、抽選落ち
まぁ今週無理するより来週の中山芝・2,500mに期待したい。

ペルシステンテを入れて、プルミエダンスールを出した。
テンテ、障害向いているとは思えないのだが…

アンプレヴー、転厩でもいいかもね~

アルメーリヒ、復帰に手間取っているなぁ

マージービート、スタート下手なのは知っているが1度出ムチを入れて逃げて欲しい。
前走も2番手にいた馬に逃げられている。
差して届かないレースばかり。。。
もう少しレースに工夫が欲しい。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。