スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こそっと、ボンヌ

カルナバリート
10/2/23
山元TC
坂路でハロン17~18秒のキャンター調整を行い、週2回は15-15を行っています。「順調に乗れているし、春も近づいてきたので、この中間から速いところを定期的に乗るようにしました。脚元をはじめ、いい意味で変わった様子はありませんし、この調子で帰厩に向けて進めていければと思います」(山元担当者)

グリフィス
10/2/25
浅見厩舎
25日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬のあと、全休日明けの23日にちょっと疝痛のような症状があったので獣医に見せたところ、胃痛だと診断を受けました。すぐに薬を投与してすでに問題なく運動を開始しています。連闘も視野に特別登録を行いましたが、少ないだろうと思っていた長距離レースでも頭数が揃っていましたし、体調も万全とは言えないので、今週の出走は見送りました。中京が始まれば頭数はある程度ばらけるでしょうから、来週以降の競馬を予定しています」(浅見師)
10/2/24
浅見厩舎
24日は軽めの調整を行いました。
10/2/21
浅見厩舎
「レース後、今朝の様子を見ると特に傷みはありませんでしたし、馬体も少し余裕がありましたから、連闘での出走も視野に入れて特別登録を行いました」(浅見師)27日の阪神競馬(千里山特別・芝1800m)と28日の中山競馬(潮来特別・芝2500m)に特別登録を行いました。千里山特別はフルゲート16頭のところ、本馬を含めて18頭の登録、潮来特別はフルゲート16頭のところ、本馬を含めて18頭の登録があります。
10/2/20
浅見厩舎
20日の京都競馬では中団の内を進み、直線で前が詰まるもジリジリ伸びて8着。「前々で競馬をしてほしいとの指示だったので押して行きましたが、ゲートがもうひとつでしたし、速い脚がないから中団後ろの位置になってしまいました。内々をしっかり走れていましたが、脚質的には小回りのもっと長い距離が合っていると思います」(岩田騎手)「馬体重は増えていましたが、太くは見えずいい馬体でした。4、5番手で競馬をしてほしかったのですが、スッと行ける脚がなくて後方から。直線でゴチャついた場面もありましたし、もう少し流れがスムーズなら違ったはずです。このあとは馬体をチェックして、適鞍があるかどうかなども検討してから決めます」(浅見師)着順こそもうひとつでしたが、昇級戦でもメドが立った内容でした。距離を延ばせばもっと楽に好位へ行けるでしょうし、持ち味が活きるはずです。今後はトレセンで馬体を確認してから検討します。
10/2/17(水) 助手 栗東芝・重 67.2 - 51.3 - 37.2 - 12.4
メイショウラスター(古1000万)馬なりの内先行3F付0.1秒遅れ 馬なり余力(1)
10/2/14(日) 田中健 栗坂路・良 **.* - 38.1 - 24.8 - 12.6
カルテブランシェ(三未勝)一杯に0.3秒遅れ 一杯に追う(-)

ペルシステンテ
10/2/23
宇治田原
周回コースでダク600mと軽めのキャンター1800mを行い、坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を取り入れています。「この中間も問題なく運動メニューをこなしてくれています。現状では軽めの運動程度ですが、カイバ喰いや体調は安定していますし、この調子で進めていければ徐々に調教ペースをアップして負荷を掛けていけるでしょう」(牧場担当者)

アンプレヴー
10/2/25
藤原英厩舎
25日は栗東Pコースで追い切りました。「早めに気づいたこともあって、ザ石のような症状は幸いすぐに治まりました。今朝はラフェクレールと併せてPコースで軽く脚ならしをしましたが、素軽くて上々の動きでした。テンションの上がりやすい牝馬ですが、中京2週目を予定しているので、ちょうどいい状態に仕上がってくるでしょう。今のところ気持ちの面も落ち着いていますから、時計を出し始めたことであまりピリピリしないように気をつけていきます」(藤原英師)3月14日の中京競馬(4歳上500万下・芝1200m)に中舘騎手で出走を予定しています。
10/2/24
藤原英厩舎
24日は軽めの調整を行いました。
10/2/25(木) 船曳 栗東P・良 73.6 - 55.6 - 41.3 - 12.0 馬なり余力(9)
10/2/14(日) 船曳 栗坂路・良 61.8 - 45.9 - **.* - **.* 馬なり余力(-)

プルミエダンスール
10/2/24
岡田厩舎
24日は軽めの調整を行いました。「軽めの乗り込みとゲート練習を行っています。グリーンウッドで傷めたトモに関してはすっかり気にならなくなりました。ただ、少し肩の出が硬いのは気になります。以前に比べて蹄の形がきれいになっていますし、体を大きく使って動かしていって、ほぐすように乗るよう心がけています。じっくり乗り進めながら、まずはゲート試験合格を目標にしていきます」(岡田師)

アルメーリヒ
10/2/23
グリーンW
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「疲れはほぼ抜けたようですから、周回コースと坂路を併用して乗り込んでいます。ただ、まだ馬体は寂しく見えますから、焦らずじっくり進めていきたいですね。現在は480キロ半ばくらいなので、500キロ台には持っていきたいと思っています。疲れがなくなったので、徐々にカイバ喰いも上向いてくるでしょう」(GW担当者)

マージービート
10/2/25
西園厩舎
25日に栗東トレセンへ帰厩しました。
10/2/23
移動中
23日にNF空港を出発しました。山元トレセンを経由して25日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。
10/2/22
NF空港
屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター2本を行っています。23日にNF空港を出発し、山元トレセンを経由して25日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。「腰の疲れを感じさせることはほとんどなくなりましたし、緩めないままで順調な過程をたどることができました。体にも適度な余裕があり、トレセンへ送り出すにはまずまずの状態と言えると思います。勝利まであと一歩のところまで来ていますから、なんとかまず1勝を挙げてほしいですね」(空港担当者)


54.ソルティレージュの08
10/2/26
NF空港
左大腿二頭筋部を切開した後すぐは、舎飼で過ごしていましたが、傷口の状態が落ち着いてきたことを受けて、現在はウォーキングマシンでの運動を行っています。様子を見ながら徐々に調教メニューを戻していく予定です。運動量を控えていますが、体が太く映ることはありません。
10/2/15
NF空港 馬体重:478kg
この中間、馬房内で左トモをぶつけてしまい左大腿二頭筋部に血腫ができたため、切開しました。しばらくは舎飼で様子を見ます。順調にペースアップし、キャンター中のフォームも良化していただけに残念ですが、患部の回復度合いは良好ですので、すぐに元のペースに戻せそうです。運動量を抑えているので少しカリカリしてきましたが、問題はありません。

61.スカーレットローズの08
10/2/26
NF空港
現在は週4日400m周回コースでスローキャンター4周、残りの2日は400m周回コースでのスローキャンター3周に加え、900m屋内坂路コースをハロン16~17秒で1本元気に駆け上がっています。また、週1回は角馬場でのフラットワークでハミ受け・走り方をしっかり教え込んでいます。現状の体力に見合った負荷をかけ、力をつけていきたいと考えています。
10/2/15
NF空港 馬体重:405kg
この中間も順調に調教を進めています。現在は週3日400m周回コースでスローキャンター4周、残りの3日は400m周回コースでのスローキャンター3周に加え、900m屋内坂路コースをハロン17秒で1本元気に駆け上がっています。また、週1回は角馬場でのフラットワークでハミ受け・走り方をしっかり教え込んでいます。馬体重は少し減っていますが、継続した乗り込みで体力がついてきたようです。しっかりとした運動量を与えていますが、運動後も元気いっぱいです。

73.ボンヌシャンスの08
10/2/26
NF空港
少し疲れが溜まったため、400m周回コースでスローキャンターのメニューにとどめていましたが、順調な回復が見られたので、坂路調教を再開しています。現在は900m屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター2本のメニューをこなしています。走りの質が良いだけでなく、特徴的な流星を揺らして坂路をまっすぐに駆け上がってくる姿はとても印象的です。
10/2/15
NF空港 馬体重: 461kg
坂路調教をこなしていましたが、少し疲れが溜まってきたのでペースを抑えています。現在は400m周回コースでスローキャンター3周半のメニューを毎日こなしています。だいぶ疲れは癒えてきていますので、近々、坂路調教を再開する予定です。ただ、もともと持っている能力が高い馬ですので、焦らずじっくり進めていく予定です。
10/1/29
NF空港
現在は400m周回コースでダク半周・スローキャンター3周半のメニューを毎日こなしています。また、週4日は900m屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター1本を追加して行っています。「体は大きくありませんが、コンパクトにまとまっていてバランスが良い馬体の持ち主ですね」と、笹田調教師は楽しみにしてくれています。
10/1/15
NF空港 馬体重: 459kg
この中間も順調に調教を積んでいます。現在は400m周回コースでダク半周・スローキャンター3周半のメニューを毎日こなしています。また、週4回は周回コースでの調教後に900m屋内坂路コースをハロン17~18秒で1本元気に駆け上がっています。以前は坂路調教でムキになるところがありましたが、現在はリラックスして走れています。
09/12/25
NF空港
現在は400m周回コースでダク半周・ハッキングキャンター3周半のメニューを毎日こなしています。また、週4回は周回コースでの調教後に900m屋内坂路コースをハロン18~20秒で1本元気に駆け上がっています。乗っているスタッフだけでなく、管理予定の笹田調教師の評価も高く、先々が楽しみです。
09/12/11
NF空港 馬体重: 441kg
この中間も順調に調教を積んでいます。現在は400m周回コースでダク半周・ハッキングキャンター3周半のメニューを毎日こなしています。また、週4回は周回コースでの調教後に900m屋内坂路コースをハロン18~20秒で1本元気に駆け上がっています。乗り運動を開始したころに比べると、だいぶ落ち着きがでてきました。力の要るチップコースの坂路も抜群の手ごたえで登坂しており、期待はさらに高まっています。
09/11/30
NF空港
現在は400m周回コースでダク半周・ハッキングキャンター3周半のメニューを中心に、週に3回は900m屋内坂路コースでハロン20秒のキャンターをこなしています。まだ幼い体つきですが、それでも坂路での動きはなかなかのもので、これからどんな成長を遂げてくれるのかとても楽しみです。
09/11/13
NF空港 馬体重: 439kg
この中間も順調に調教を積んでいます。先月に引き続き、400m周回コースでダク半周・ハッキングキャンター3周半のメニューを毎日こなしています。騎乗運動開始直後は、テンションが上がりやすいところがありましたが、体が柔らかく、ストライドの大きい走法で乗り心地は最高なので、スタッフの期待は日増しに高まっています。
09/10/29
NF空港 馬体重: 441kg
この中間も順調に調教を積んでおり、現在は400m周回コースをハッキングキャンターで3周半しています。また、馬場に慣らす意味を込めて、1200m屋外直線ポリトラックコースをダク・ハッキングキャンターで軽く上がっています。普段は気の強い一面を見せますが、乗り運動ではスタッフの指示に従順です。背中が柔らかく、センスある走りは早くも評判になっています。
09/09/30
NF空港
7月30日にNFイヤリングよりNF空港へ移動しました。すでに騎乗馴致を終え、現在は400m周回コースでダク・ハッキングキャンター調整をこなしています。気性は素直で従順ですので、馴致も難なくこなしてくれており、頼もしい限りです。体調や脚元に不安はありませんので、これからもどんどん乗り進め、良さを引き出していきます。
09/9/3
馬体重: 432kg
体高: 155cm
胸囲: 175.5cm
管囲: 19.6cm
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。