スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイナ出走

1月4日出走 牡馬
シルクオンステージ[父アグネスデジタル:母コパノスピーキング]
坂路コースでキャンターの調整です。前走後も状態面は変わりない事から、こ
のまま続戦するかどうか、仕上がりや想定も見ながら検討します。

12月28日付 関西 牡馬
シルクオンステージ[父アグネスデジタル:母コパノスピーキング]
先週15着でした。道中は5番手でレースを進めましたが、向正面から徐々に順
位を下げ、13番手で4コーナーを回りました。そして直線でも懸命に追われた
ものの、最後まで巻き返す事無く、後方に敗れています。レース後、特に不安
は無い様ですが、次走は未定です。

1月6日付 関西 牡馬
シルクストレングス[父マヤノトップガン:母アメリカンテースト]
滋賀県・グリーンウッドトレーニングで調整中です。ウォーキングマシンの運
動60分と本馬場でダク1,200m、キャンター2,000mと坂路1本の調教をつけられ
ています。牧場長は「この馬に関しては、年末年始の通常通りのスケジュール
で、速いところをコンスタントに乗り込んでいます。変わりなく順調に来てい
ますし、このまま乗り込んでいきます」と話しています。

1月6日付 関西 牡馬
シルクダイナスティ[父カリズマティック:母クイーンオブタイム]
CWコースでキャンターの調整で、6日に時計を出しています。調教師は「地
下馬道で乗り役が乗ると歩かなくなるので、前走は馬場が見えるところで乗る
様にしたら、何とか上手くいきました。最後は勝ったと思ったけど、外に出し
た分の差だね。このクラスでも十分やれる馬だと思っていたし、権利も取れた
ので、今週使います」と話しており、11日の京都・D1,800mに出走を予定して
います。

1月6日付 関西 牝馬
リーガルアミューズ[父アグネスタキオン:母リーガルジョイ]
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動40
分行った後、本馬場でダク1,200m、キャンター1,800mと坂路1本の調教をつけ
られています。牧場長は「馬体のケアを続けながらですが、一時期の硬くなっ
た感じからはだいぶ立ち直ってきました。今の感じでしたら、徐々に進めてい
けると思います」と話しています。

1月6日付 関西 牡馬
シルクウィザード [父リンドシェーバー:母レインボーファスト]
京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動40
分行った後、本馬場でダク1,200mと坂路1本の調教をつけられています。牧場
長は「引き続き脚元の状態を見ながら、キャンター中心のメニューへと移行し
ています。週1本は20秒までペースを上げていますが、すぐに進めていくとい
う訳ではなく、もう暫くは今の感じで続けていくことになると思います」と話
しています。

1月6日付 関西 牡馬
シルクアルボーレ [父ブライアンズタイム:母シルキーグランス]
天栄ホースパークで休養中です。右前脚球節部分に骨折を発症した為、引き続
き馬房で安静にしており、牧場長は「楽をさせていることもありますが、今の
ところ経過は順調です。患部の熱も治まっていますし、この状態なら少し動か
した方が良いかもしれません」と話しています。

1月6日付 関西 牡馬
シルクネクサス  [父グラスワンダー:母シルキーヒロイン]
坂路コースでキャンターの調整で、31日と3日に時計を出すと、調教師は「3
日にも馬なりで軽く時計は出ていますが、まだスクむ時もあるし、右トモの状
態も心配があって、無理は出来ません。これから気温も下がって余計に負担が
掛かるので、一旦グリーンウッドに出して、2,3月ぐらいになったら帰厩さ
せて進める方が良いと思います」と話し、4日に滋賀県・グリーンウッドトレ
ーニングへ移動しています。

シルクネクサス  /助 手31栗坂良    59.0- --- - --- - 15.3 馬なり余力
         /助 手3栗坂良    58.7- --- - 29.7- 15.1 馬なり余力
シルクダイナスティ/助 手6CW良 80.9- 65.6- 51.5- 38.3- 12.7 追って一杯

シルクネクサス  /4日(月)に滋賀県・グリーンウッドトレーニングへ放牧されています。
シルクオンステージ/検討の結果、一旦放牧に出すことになり、
          6日に千葉県・千代田牧場へ移動しています。

1月11日出走 牡馬
シルクダイナスティ/京都12R 1000万下(混) (D1,800m)
          15頭 57kg 武 幸         発走16:20
前走好走の反動なども見られない事から、中1週での出走を決めており、調教師
は「間隔も詰まっているので追い切りは無理させていないけど、引き続き状態も
変わりないし、テンションもいつも通りなので、今週使うことにしました。前走
は地下馬道で乗らずに、馬場に出る手前で乗ってもらったのが良い方に出たし、
このパターンなら競馬までテンションも上がらず、余計なスタミナを使わないで
済むね。溜めていけば前走の様な脚を使えるだろうし、上手く馬群を捌けば勝ち
負け出来ると思うよ」と話しています。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。