スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぜんぜん調教していないのに出走かテンテ!(呆)

カルナバリート
09/11/4
藤沢則厩舎
4日は軽めの調整を行いました。「今朝は坂路で軽めに乗りました。引き続き順調に乗り込んでおり、特に気になるところはありません。1400mはベストの条件だと思うし、いい状態でレースに臨みたいですね。念のため今週の京洛Sに登録しようと思ったのですが、賞金順で出走可能なラインにいたので取りやめました。できれば除外権利は2つほしいところなので、日曜の特別登録の状況を見て、取れそうなレースがあれば登録しておくつもりです」(藤沢則師)22日の東京競馬(霜月S・ダ1400m)に出走を予定しています。
09/10/31(土) 助手 栗坂路・良 71.2 - 56.8 - 39.5 - **.* 馬なり余力(-)

グリフィス
09/11/4
浅見厩舎
3日に宇治田原優駿ステーブルへ放牧に出ました。ウォーキングマシン調整を行っています。「到着して日にちが浅いのでまだマシン運動程度ですが、これまで放牧に出されてきたときといい意味で変わりない状態だと思います。今後も状態を確認する必要はありますが、問題ないようなら徐々に乗り運動に移行していきます」(牧場担当者)「この条件なら最低でも優先出走権を確保してくれると思っていたのですが、ちょっと展開が向きませんでしたね。レース後、特に異常はありませんが、間隔をあけるためとガス抜きのために短期で放牧に出すことにします。また近々帰厩させるつもりです」(浅見師)
09/10/31
浅見厩舎
31日の福島競馬では後方2、3番手の位置から、直線では馬場の真ん中からしぶとく脚を伸ばし7着。「ラストまでジリジリと伸びているのですが、流れがゆったりになってしまい、3コーナーから一気に速くなったところでやや置かれそうになってしまいました。以前はゲートでうるさいところがありましたが、今は変な癖もなく、調教でもまじめに走ってくれます。レースに行ってもそのとおりに乗りやすく、折り合いにも難はないので、やはり長い距離が合っていますね。もっと前が引っ張る展開になれば、チャンスが来ると思います」(田中健騎手)トレセンに戻ってからの状態をチェックしてから、次走へ向かっていきます。

ペルシステンテ
09/11/5
岡田厩舎
4日は軽めの調整を行いました。5日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで単走で追い切りました。終い重点ですが、相変わらず動きはキビキビしていていいですね。歩様に硬さがあるのは相変わらずで、成長してパンとしてくれば走ってくると思うのですが、現状でも力は出せるデキです。先週木曜に入厩したので、日曜のレースしか使えず、想定から今週の出走は厳しいかと思っていたのですが、幸いいい番組に出走できました。先週の福島でも未勝利馬が上位をにぎわせていましたし、レースに集中して走ってくれればいい結果につながると思います」(岡田師)8日の福島競馬(3歳上500万下・ダ1700m)に長谷川騎手で出走いたします。
09/11/5(木) 助手 栗CW・良 98.6 - 82.4 - 66.8 - 52.7 - 38.9 - 12.8 追って一杯(6)

アンプレヴー
09/11/3
山元TC
周回で軽めのキャンター調整を行っています。「まだ軽めのキャンター調整ですが、馬の状態はいい意味で変わりありません。背腰を含めて悪くなることがないことはいいことですね。今後の様子を見ながら、少しずつ乗り進めていければと考えています」(山元担当者)

プルミエダンスール
09/11/3
グリーンW
周回と坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週に引き続き、特に問題なく乗り進めています。蹄や脚元も今のところ不安はありませんし、そろそろハロン15秒の調教を取り入れてもいいかもしれません。ゲート練習でも手は掛かりませんし、ここまでは順調にきています」(GW担当者)

アルメーリヒ
09/11/4
宇治田原
3日に宇治田原優駿ステーブルへ放牧に出ました。ウォーキングマシン調整を行っています。「もともと隣の馬に合わせてゲートを出るようなところがあったのですが、レースではその隣の馬の出が遅く、かなり出遅れた格好になってしまいました。あれがなければ、もっと上位にこられたはずです。入厩以来、腰の甘さなどがあって馬の状態を見ながらじっくり進めてきましたが、デビューまで放牧を挟むことなくこれましたし、一度実戦を使えたことが大きな経験になるはずです。いったん放牧に出してリフレッシュさせますが、そう遠くなく戻せると思います」(藤岡健師)「到着直後ですし、慎重に状態を確認しています。現状目立った疲れは出ていないようですが、初めての競馬の後ですし、こちらに来るのも初めての馬ですので、環境に慣らしつつ徐々に動かしていければと考えています」(牧場担当者)
09/11/2
藤岡健厩舎
3日に宇治田原優駿ステーブルへ放牧予定です。
09/10/31
藤岡健厩舎
31日の福島競馬ではゲートを立ち上がるように出て最後方からの競馬。向正面から徐々に進出し、直線では外からジリジリ差を詰め7着。「ゲートの中で待たされたのと、隣の馬がずっと鳴いていたのを気にして、周りが出るのを見てから出るようなスタートになってしまいました。外を回る形になってしまいましたが、最後はいい脚を使ってくれています。前半に行けない分、距離はこのくらいあったほうが良さそうですが、スタートさえまともなら、すぐいい勝負になりますよ」(藤岡康騎手)「もともと上手ではないほうですが、ゲートがゆっくりすぎましたね。スタートで遅れたら向正面である程度の位置まで押し上げるようにと指示していましたが、そのとおりに上がっていけましたし、他馬に比べてかなりの距離を走っていながら、最後は外からなかなかの伸びを見せてくれました。スタートは課題ですが、使いつつ良くなってくると思います」(藤岡健師)出遅れの不利はありましたが、ラストまで長く脚を使い、見せ場十分のデビュー戦でした。栗東に帰ってからの様子をしっかり見て、今後の予定を考えていきます。

マージービート
09/11/4
西園厩舎
4日は軽めの調整を行いました。「スムーズな競馬はできたのですが、思った以上に前が楽をしていて、最後捕まえきれない惜しい競馬になってしまいました。それでもしっかり時計は詰めていますし、使うたびに良くなっているということなのだと思います。レース後は特に異常なく馬も元気いっぱいで順調です。このまま問題なければ中1週で使いたいと思います。だいぶクセもつかんでくれていて、スムーズな競馬もできたので、もう一度だけ酒井学を乗せたいと思います」(西園師)15日の京都競馬(2歳未勝利・ダ1800m)に酒井騎手で出走を予定しています。
09/11/1
西園厩舎
1日の京都競馬では中団を進み、直線で外からよく伸びるがわずかに届かず2着。「前回の競馬で気合をつけたので、今回はこれまで以上に行きっぷりが良くなりましたね。道中はいい感じでハミをとって走ってくれました。手ごたえのいい人気馬が近くにいたので、その馬についていくように運びましたが、4コーナーから直線へ向かうときの行きっぷりはこちらが勝っていました。しかし、前にいた勝ち馬が終始楽に回っていたので、最後までしぶとく粘られてしまいました。着差がわずかなだけに悔しいですが、ダートは堅実に走りますし、すぐにチャンスが来ると思います」(酒井騎手)「いい脚で伸びてきたときは勝ったと思ったのですが、わずかに届いていなくて悔しいです。勝ち馬が楽をしていたこともありますが、レース中に落鉄していたので、その影響も多少なりともあったかもしれません。次こそは決めたいですね」(西園師)レース後の状態を見てからになりますが、問題なければ在厩のまま次走へ向かう予定です。

カクタスペア
09/11/4
NF早来
屋外周回コースでハロン19秒程度のキャンター2000mと週3回坂路で軽めの運動を行っています。「順調に調教を行えていますが、毎日坂路入りさせるにはもう少しパンとしてきてほしいところですね。しっかりと良化するのを待ってから、負荷を高めていきたいと思います。馬体重は500キロです」(早来担当者)
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。