スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルナ帰厩、グリフィス出走

カルナバリート
09/9/16
藤沢則厩舎
16日は軽めの調整を行いました。「放牧先でしっかり乗り込んでもらっていたので、息遣いもいいですし、馬体もプリプリしていい状態です。蹄も今のところ気になりませんし、金曜ぐらいに追い切ってペースを上げていく予定です。まずはスプリンターズSに特別登録し、除外権利を取るつもりです」(藤沢則師)10月10日の東京競馬(ペルセウスS・ダ1400m)に出走を予定しています。
09/9/15
藤沢則厩舎
15日に栗東トレセンへ帰厩しました。「夏場はここでじっくりと調整してきましたが、栗東に比べて涼しい気候が多かったこともあって、馬の体調面は問題ありませんでした。調教も緩めずに乗れていましたし、上々の状態で送り出せたと思います。初戦が今から楽しみです」(山元担当者)
09/9/13
山元TC
15日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。

グリフィス
09/9/17
浅見厩舎
16日は軽めの調整を行い、17日は栗東坂路で15-15程度を行いました。「今週か来週の競馬を使うつもりで軽めに調整してきましたが、水曜日の想定を見ると、ちょうどいい条件の芝2400mが頭数も少ないので、今朝坂路で15-15やって、ここに出走することにしました。コンスタントに使ってきている馬ですし、強い追い切りも必要ないでしょう。このぐらいの距離なら安定して走れていますから、少ない頭数でスムーズな競馬ができれば楽しみです。この後はひと息入れるつもりでいます」(浅見師)20日の阪神競馬(3歳上500万下・芝2400m)に福永騎手で出走いたします。
09/9/17(木) - 栗坂路・良 61.3 - 44.2 - 28.4 - 14.3 -(-)

ペルシステンテ
09/9/17
16日、17日は軽めの調整を行いました。「木曜に追い切るつもりだったのですが、馬場も荒れていますし、ちょうど腰の疲れが抜けてパンとしてきているときなので、無理をせず週末から時計を出すことにしました。札幌の競馬を見ても、いい状態でレースに向かえれば未勝利を勝ち切る力があることは明らかです。権利も持っているので、納得できる状態で出走させたいと思っています。気持ちの面で集中できる1400mぐらいがいいと思って来週の競馬を考えていますが、追い切りの状態を見てもう少し距離があった方が良さそうなら最終週に出走を延ばすことも検討します」(岡田師)今のところ27日の阪神競馬(3歳未勝利・ダ1400m)に内田騎手で出走を予定しています。

アンプレヴー
09/9/15
山元TC
ウォーキングマシン調整を行っています。「レース中に鼻出血したということですが、今のところ体調面も変わりないですし、馬は元気にしています。少なくとも今週はマシンで楽をさせることになるでしょう。あとはトモにも疲れがあるので、様子を見ながら取り組み内容を決めていきます」(山元担当者)
09/9/14
山元TC
13日に山元トレセンへリフレッシュ放牧に出ました。
09/9/13
新潟競馬場
13日の新潟競馬ではスタートを決め2、3番手のインコースを追走。少しずつポジションを下げていき、直線ではジョッキーが無理に追うことなく11着。「返し馬では落ち着いていたし、状態のよさを感じていたので期待をしていました。スタートを決めてさあ流れに乗っていこうと思ったのですが、もうひとつ伸び切れなかったですね。直線に入ってからは手ごたえがありませんでしたから、最後は無理をさせませんでした。ちょっと気持ちに問題があるのかも知れませんね」(中舘騎手) 「今回は状態がよくなっていたし、期待していましたが、直線でパタッと止まってしまいましたね。心配だったのでレース後にすぐ状態を確認したところ、鼻出血を発症していることがわかりました。体調がよかったので勝ち負けを期待していただけに残念です。この後は楽をさせて、状態を確認しながら症状を緩和させ復帰に向かっていきます」(藤原英師)パドックでも普段より落ち着きを見せており期待が高まりましたが、競走中に肺から鼻出血を発症していることが判明しました。この後は近々山元トレセンへ放牧に出して立直しをはかります。

プルミエダンスール
09/9/14
NF空港
屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本を行っています。「慎重に様子をチェックしてから、坂路でのキャンターを再開しました。今のところ特に痛がる素振りも見せませんし、このままいいころの走りを取り戻していきたいですね」(空港担当者)

アルメーリヒ
09/9/17
藤岡健厩舎
16日は軽めの調整を行い、17日はゲート練習を行いました。「今朝は試験のようにしっかり出す練習を3本やりました。駐立などは問題ありませんし、あともう少し反応が良くなれば合格ラインに届くでしょう。早ければ来週に受けられると思います。腰に甘さがあるので、ゲート練習をしながら乗り込みができているのはむしろいいと思いますし、このまま順調に進めていきたいですね」(担当助手)
09/9/17(木) 助手 栗東E・良 13.3 13.0 14.4 15.8 ゲート一杯(-)
09/9/13(日) 助手 栗坂路・稍重 60.9 - 45.3 - 30.6 - 15.6
エーシンアクルクス(新)馬なりを0.2秒追走同入 馬なり余力(-)

マージービート
09/9/17
西園厩舎
16日、17日は軽めの調整を行いました。「水曜日から乗り出し開始しました。札幌から栗東への輸送後、少し熱が高めだったのですが、薬を投与してすぐに落ち着きました。ソエも出かけているので焼いて治療をしています。まだ乗り出したばかりなので、余裕を持って最終週の1800mを目標にしようと思っています。日曜日から時計を出していく予定です」(西園師)今のところ10月3日の阪神競馬(2歳未勝利・芝1800m)を目標にしています。

カクタスペア
09/9/15
NF早来
屋外周回コースでハロン19秒程度のキャンター2000mと、週3回トレッドミルでハロン22秒程度のペースで3分の運動を行っています。「少しトレッドミルでのペースを上げていますが、しっかり対応してくれています。念のためレーザーでの治療も並行して行いながら進めていきます」(早来担当者)
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。