スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンスールもうダメポなのか?

カルナバリート
09/9/1
山元TC
坂路でハロン16~17秒のキャンター調整を行い、週2回は14-14を行っています。「順調ですね。栗東に比べると比較的涼しい気候が続いたので、馬も楽だったのでしょう。調教を緩めるようなこともなく、継続して乗れています。脚元もこれといった不安を見せませんし、この調子で進めていきたいですね。府中開催を目指すことになるでしょうから、今後は移動のことを考えながら取り組んでいきます」(山元担当者)

グリフィス
09/9/3
浅見厩舎
2日は栗東坂路で追い切りました(60秒3-43秒6-27秒7-13秒9)。「輸送も特に問題なく、疲れも見せずに乗り出しを開始しました。北海道で使う予定で調整してきたので、馬体も緩んでいません。今週使うつもりで今朝は15-15強め程度に追っておきました。コンスタントに使ってきていますので、このくらいで十分でしょう。小倉に2600mもありますが、新潟の馬房が確保できていますので、どちらに使うか想定を見て考えようと思います」(浅見師)6日の小倉競馬(3歳上500万下・芝2600m)に福永騎手で出走いたします。
09/8/30
浅見厩舎
9月5日の新潟競馬(瓢湖特別・芝2400m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて20頭の登録があります。
09/9/2(水) 助手 栗坂路・良 60.3 - 43.6 - 27.7 - 13.9 馬なり余力(-)

ペルシステンテ
09/9/3
岡田厩舎
3日に栗東トレセンへ帰厩しました。「権利を持っているので、限定未勝利もまず除外はないでしょう。少しソエも出ているので、コンディションのいいとき、少しでもメンバーの弱いところを狙って使いたいと思います。今のところ、集中して走れる距離のダート1400mぐらいがいいのではないかと考えています」(岡田師)
09/9/2
移動中
2日に札幌競馬場を出発し、3日に栗東トレセンへ到着予定です。
09/8/30
札幌競馬場
「レース後の状態を確認しましたが、ソエが少し出ています。権利を確保してくれましたし、ここは無理せず限定未勝利戦を目指します。内容は徐々に良くなっていますから、しっかりケアをしていき、次こそ結果を出したいですね」(岡田師)連闘で来週の札幌競馬を予定していましたが、9月2日もしくは3日に栗東トレセンへ移動し、限定未勝利戦へ向けて進めていきます。
09/8/29
札幌競馬場
29日の札幌競馬では前から6、7番手の内を追走。3角でやや置かれ気味になるも直線で外から盛り返し5着。「前の馬についていっているときはいいのですが、開いたところに出して前があくとフワフワしてしまいます。ゲート裏などで気合いを入れてもボケーッとしているし、スタートをちゃんと出るか心配になったほどです。まだ真剣に走っていませんね。砂を被ること自体は気にしていなかったし、強い馬の後ろをついていって、気を抜かせないまま走らせられれば、すぐ勝てる力はありますよ」(岩田騎手)「チークピーシズの効果もあり、だいぶ常識にかかってきましたが、勝負どころでフワっとした分差が開いてしまいましたね。まだまともに走っていないし、帰ってきた後も息はほとんど上がっていません。間違いなく能力はある馬なので、気持ちの問題ですね。この後は、栗東まで長距離移動させてから改めて調整するよりも、限定未勝利戦より相手関係が落ちることや滞在のままで臨めることを考えて、来週もう一度使うことを考えています。体もいい具合に絞れてきているし、レース後の様子を見ても消耗は最小限で済んでいるはずなので、なんとか決めたいですね」(岡田師)あくまでも厩舎に戻ってからの状態をしっかり確認してからになりますが、残り短い期間で勝利を挙げるため、さまざまなことを総合的に判断した結果、来週の札幌競馬のいずれかに出走する予定です。

アンプレヴー
09/9/3
札幌競馬場
6日の札幌競馬(3歳上500万下・ダ1700m)に出馬投票するも非抽選除外になりました。今後は新潟競馬場へ移動し、12日もしくは13日の新潟競馬(3歳上500万下・ダ1200m)に出走する予定です。
09/9/2
札幌競馬場
2日は軽めの調整を行いました。「先週のレースはこれまで短い距離を使ってきた分、少し掛かってしまった結果。体もまだ緩かったし、連闘させようと思っています。一度1700mを使った後なら距離の慣れも見込めますし、今度は脚を溜めるレースをしたいと思います」(藤原英師)5日もしくは6日の札幌競馬(3歳上500万下・ダ1700m)のいずれかに出走を予定しています。
09/8/29
札幌競馬場
29日の札幌競馬では好位5、6番手の外からの競馬。3角から手ごたえが怪しくなりやや後退していくも、最後まで止まらず8着。「前めでとの指示だったので、積極的に進めていきました。前半はいい感じで運べていたのですが、向正面で手前を替えてくれませんでした。そのあと3コーナーの直前で替えたことで、そのまま逆手前で回ってしまい、走りがバラバラになってしまいましたね。溜めれば弾けそうな感じがあるし、馬の雰囲気から力のある馬だと感じました。今回は休み明けだったし、使った上積みはかなり見込めそうですよ」(池添騎手)「休養明けでしたが、体もふっくらして調子は良かったです。スタートを心配していたのですが、助手をゲートまで付かせていったこともあって、スムーズに出てくれましたね。52キロを活かすために積極的な競馬をお願いしていましたが、次はじっくり溜める作戦で臨むつもりです。来週は1700mの番組が4つあってうまく分散してくれそうですし、札幌の在厩頭数を見ても権利なしで使えそうなので、連闘するつもりです。一度使った効果が見込めますし、改めて距離適性をはかるにはいい機会でしょう」(藤原英師)レース後脚元などに問題はありません。来週の札幌競馬(3歳上500万下・ダ1700m)のいずれかに出走を予定しています。

プルミエダンスール
09/8/31
NF空港
蹄叉を気にする素振りを見せたため、ウォーキングマシン運動で様子を見ています。「いい動きを見せてくれていたのですが、やや歩様にも出しているので、念のため乗り運動を控えています。保護する蹄鉄をすぐ履かせて対処していますが、少なくとも今週いっぱいはウォーキングマシンでの運動に留めることになると思います」(空港担当者)

アルメーリヒ
09/9/1
グリーンW
周回と坂路でハロン16~18秒のキャンター調整を行っています。また週1~2回は坂路で15-15の調整を取り入れています。「まだ体力もつききっていないし、絶好調という状態にまでにはなく、競馬まで行くにはもう少し乗り込みたいなという感じも受けます。できれば様々な環境に慣らして、成長を促していきたいという考えもありますから、移動についても前向きに考えていますが、疲れからガタっと来ても馬が苦しくなるだけなので、馬の状態や気候などを見ながら具体的な移動のタイミングを決めていくことになるでしょう」(GW担当者)

マージービート
09/9/2
NF空港
4日に札幌競馬場へ入場し、来週中に栗東トレセンへ入厩する予定です。
09/8/31
NF空港
30日にNF空港へ放牧に出ました。様子を見ながら、早ければ今週中に栗東トレセンへ移動することも検討しています。
09/8/29
札幌競馬場
29日の札幌競馬ではスタートを出たなりで中団やや後ろの位置。3角から徐々に進出していき、ゴール前でいったん抜け出しかかるも、外から交わされ3着。「返し馬の雰囲気から一度使った効果が感じられました。体が絞れてだいぶ動きが素軽くなりましたね。前回も勝負どころでの手ごたえはすごく良かったし、力があることは分かっていたので、いい内容の競馬ができてよかったです。最後までしぶとく脚を使ってくれているし、一瞬勝ったかと思いましたが、外からの決め脚にやられてしまいました。トビが大きいので、広いコースのほうがより向いていそうですし、2回使ってもっと良くなってくるでしょうから、次がさらに楽しみです」(藤岡佑騎手)「マイナス16キロでしたが、飼い葉はしっかり食べているし、自分で体を作ってのものです。2戦目でパドックからの雰囲気も良かったので、勝てればいちばん良かったのですが、次につながっていくレース内容でした」(担当助手)体も締まったことで、2戦目で期待どおりに変わり身を見せてくれました。入厩してから、ゲート試験を経て続けて使ってきましたので、ひと息入れるために30日にNF空港へ短期放牧に出す予定です。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。