スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライマリーコードに期待

ディアマイベイビー
7/2  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間もトレッドミルを中心とした調教を行っています。体調はいいですし、馬体の見た目も張りが合っていい気配です。馬体はもう少し余裕を持たせたいので、トレッドミルで体を解しつつふっくらとさせていきます。精神面もリラックスできていますよ」(NFしがらき担当者)

オレアリア
7/2  NF空港
周回ダートコースでダクと軽めのキャンターを行っています。「乗り運動開始後も状態は変わりありませんでしたので、この中間からは軽めのキャンターを取り入れています。直ぐの競馬を考えている馬ではありませんし、ある程度時間をかけつつ鍛えていきたいと思います」(空港担当者)

クリーブラット
6/28 NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m周回ダートコースでキャンター2500mの調整メニューを中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~16秒のキャンターで2本元気に駆け上がっています。しっかり乗り込みを継続できており、ハロン15秒台の調整でも堪える面はありません。坂路コースでは順調な組にまったく見劣りしないパフォーマンスを見せてくれますので将来への期待は膨らむばかりです。

プライマリーコード
7/12 函館競馬場
12日はゲート試験を受け、無事合格しました。「ゲート練習でも最初からセンスのいいところを見せていましたので今朝、試験を受けたところ、無事合格したと現地のスタッフから連絡が入りました。このあとデビューまで進めるか一度放牧に出すかは、馬の状態をよく見て、スタッフと相談して決めるつもりです」(佐々木師)
7/11 函館競馬場
10日、11日はゲート練習中心の調教を行いました。「この中間もゲート練習中心に調教していますが、気性も素直でおとなしく、順調にこなしてくれているとのことです。これなら、近々試験を受けることができるだろうと現地のスタッフから報告を受けていますよ。まずは試験を受け、デビューまで進めるか一度放牧に出すか考えるつもりですが、馬は思った以上にしっかりしているようで、ここまではなんの不安もなく来ていますよ」(佐々木師)
7/4 函館競馬場
3日、4日はゲート練習中心の調教を行いました。「先週末に無事函館競馬場へ入厩しています。軽く乗りながらゲート練習を行っていますが、昨日ゲートから出した感じではすぐに受かりそうですと現地のスタッフから報告がありました。今のところは、特にうるさいところも見せていないようですし、まずはゲート試験合格に向けて進めていきます」(佐々木師)

スタートレイル
6/28 NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調教を行っています。6月15日の阪神競馬で半兄ジャイアントリープが見事な勝利を挙げたことにより一層期待の高まる本馬ですが、調教で見せる動きからは兄にヒケを取らない素質を秘めていることが感じられ、今後の成長が楽しみでなりません。今はその素質の芽を開花させるため、必要となる土台を築いているところですので、焦らず丹念に乗り進めていきます。

キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)
スポンサーサイト

プライマリー入厩

ディアマイベイビー
6/25  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週に引き続き、トレッドミル中心にじっくりと体を動かしています。しっかりした筋肉で雰囲気は悪くありませんが、馬体にはもう少し余裕を持たせたいですし、イライラしないようじっくりと焦らずリフレッシュさせたいですね。馬体重は470キロです」(NFしがらき担当者)

オレアリア
6/25  NF空港
周回ダートコースでダク程度の運動を行っています。「この中間から軽めの乗り運動を開始しましたが、もちろん本格的と言うものではなく、乗りながら状態を確認するようにじっくりと動かしている内容です。脚元に不安が出ているわけではありませんから少しずつ乗り進めていくことは考えられますが、先週もお話した通り今回の放牧はもっと馬をしっかりさせる狙いがありますから、あまり急かさずに進めていきたいですね。馬体重は528キロです」(空港担当者)

クリーブラット
6/28 NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m周回ダートコースでキャンター2500mの調整メニューを中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~16秒のキャンターで2本元気に駆け上がっています。しっかり乗り込みを継続できており、ハロン15秒台の調整でも堪える面はありません。坂路コースでは順調な組にまったく見劣りしないパフォーマンスを見せてくれますので将来への期待は膨らむばかりです。

プライマリーコード
6/29 函館競馬場
28日にNF早来を出発し、29日に函館競馬場・佐々木晶三厩舎へ入厩しました。
6/28 NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン15秒、週1回はハロン17秒のキャンター1本の調教を行っています。調教では脚捌きに少し硬さが感じられるものの、体を大きく使ってしっかりとしたキャンターを披露しており、併せ馬では闘争心を出して相手に抜かせまいとする根性を見せています。ハロン15秒のペースにも問題なく対応していますし、ここまでじっくりと調整しながら下地を作ってきましたので、移動に向けての態勢は整いました。28日の夜に函館競馬場へ向けて移動する予定です。

スタートレイル
6/28 NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調教を行っています。6月15日の阪神競馬で半兄ジャイアントリープが見事な勝利を挙げたことにより一層期待の高まる本馬ですが、調教で見せる動きからは兄にヒケを取らない素質を秘めていることが感じられ、今後の成長が楽しみでなりません。今はその素質の芽を開花させるため、必要となる土台を築いているところですので、焦らず丹念に乗り進めていきます。

キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)

キャロ稼動馬なし

ディアマイベイビー
6/18  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間はトレッドミル中心にゆったりと動かすようにしています。大きなダメージはなさそうですが、この期間にしっかりとリフレッシュさせたいですし、まずは楽をさせて疲れを取りきってから乗り出していく方針です」(NFしがらき担当者)

オレアリア
6/18  NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「ここまで競馬で4走していますが、体力が付き切っているわけではありませんし、この夏を上手く過ごせれば先々でこれまで以上の競馬を見せられるようになるでしょう。焦らずジックリと動かして行って、成長曲線にあった負荷をかけていきたいと思います」(空港担当者)

キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)

特になし

ディアマイベイビー
6/11  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「こちらに到着後、軽く動かしながら馬体のチェックを行っています。背腰にはいくらか疲れが出ているように思いますが、それほど大きなダメージはなさそうですね。体はいくらか細く見せますので、まずは馬体回復を一番に考えて調整していきます」(NFしがらき担当者)

オレアリア
6/11  NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「現状ではすぐに競馬とはならなそうですし、スムーズに調整が進んで早めに始動するにしても函館の後ろの時期になるでしょうから、この中間もマシンで軽く動かす内容です。もちろんもう少し時間をかけてジックリと言う場合は秋競馬からということもありえますが、どちらにせよこれまでの競馬よりもいい走りができるようにしっかりと成長を促していきたいですね」(空港担当者)

クリーブラット
6/14 NF空港
馬体重:484kg 
現在は1000m周回ダートコースでキャンター2500mの調整メニューを中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで1本元気に駆け上がっています。状態は上向きで坂路コースでの動きを見ても馬の走る気持ちが充実してきたのが感じられます。馬体は見た目よりも中身が詰まっている感じですが、これから更に伸びてきそうな感触があり、進めていくのが非常に楽しみな馬です。


プライマリーコード
6/14 NF早来
馬体重:479kg 
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本の調教を行っています。この中間、右トモに疲労にからくるものと思われるハリが少し見られましたので、楽をさせる期間を設けました。数日の休養でハリは引きましたし、疲れも抜けたようなので今は調教メニューを元に戻して調整を行っています。引き続き基礎体力の強化をメインに乗り込んで良化を促していきます。


スタートレイル
6/14 NF早来
馬体重:514kg 
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調教を行っています。ハロン15秒の時計でしっかり負荷をかけていますので、馬体は徐々に引き締まって逞しさが増してきた印象を受けます。どんどん進めていきたいところですが、精神面との兼ね合いもありますので、そのあたりはバランスを見ながら調整していきたいと思います。より良い状態に持っていくためにも馬に見合った負荷をかけながら進めていきます。

キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



2歳馬に動きなし

ディアマイベイビー
6/5  NFしがらき
5日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週一杯は軽く乗りながらしっかりと馬の状態を確認してきました。ゆったり動かしてきて気持ちもリラックスしてきましたし、ここで放牧に出していいリフレッシュをさせてあげたいと思います」(松田博師)

オレアリア
6/4  NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「先週に無事にこちらに戻ってきています。しがらきでは少しずつ乗り始めていたようですが、長距離輸送を挟んだ後ですからまずは軽めに動かすことに終始しています。函館開催での出走を目指していくことになりますが、レース後にトモの疲れがあったようですし、状態を見ながら少しずつ進めていきます」(空港担当者)

キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)

| NEXT>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。