スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ移転

静岡に持って行っているパソコンがFC2のサイトへの
スクリプトエラーが出てアクセス出来ません。
よって こちら に移転します。

http://blog.livedoor.jp/icehot/
スポンサーサイト

シルクのHP変わりすぎ

シルクアポロン
2013/07/11 <所有馬情報>
在厩場所:11日に函館競馬場へ帰厩
調教内容:
次走予定:函館3週目が有力
担当者「先生から連絡があり、急遽馬房の都合が付いたとのことで、今日函館に入りました。着いてからの状態に問題がなければ、10日競馬で来週使う方向とのことです。馬体は多少余裕があるかなという感じですが、状態そのものは良いですし、ノドの具合も良いので、帰厩してすぐでも力は出せると思いますよ」
2013/07/05 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・フロンティアスタッド
調教内容:坂路コースでダク、ハロン18~22秒のキャンター2本、週1回15-15
次走予定:函館開催
担当者「いつ声が掛かっても良いぐらい、具合は良いですね。喉も今のところ気になりません。来週から少しペースを上げるつもりですが、テンから行くとか、終いを伸ばすとか、バリエーションを入れていきたいと思います」

ロレーヌクロス
2013/07/12 <出走情報>
ロレーヌクロス 7/13(土)函館7R 500万下 (D1,700m)
            13頭1枠1番 54㎏ 松山弘平   発走13:10
加藤征弘調教師「前回は500万クラスの時計ではなかったですし、あの1戦だけで距離云々というのは、まだ決めつけない方が良いと思います。一度叩いて良くなっていますし、前回のようなことはないと思いますよ」
2013/07/11 <所有馬情報>
在厩場所:函館競馬場
調教内容:函館Wコースで10日に時計
次走予定:今週土曜の函館・1700ダート〔松山〕
調教師「前走後も順調に来ています。前走時よりも心肺機能が良化していますし、前走以上の状態で出走できると思います」
2013/07/11 <出走情報>
ロレーヌクロス 7/13(土)函館7R 500万下 [D1,700m・13頭]54 松山弘平
2013/07/10 <調教タイム>
ロレーヌクロス   /助 手 10函W稍 68.5- 53.7- 39.0- 13.3 叩き一杯
    リスキータイム(古500万)一杯の外を1.4秒先行同入
2013/07/10 <出走予定>
ロレーヌクロス  /土曜日の函館・D1,700mの番組[54 松山弘平]
2013/07/08 <調教タイム>
ロレーヌクロス/助手 7函W良 58.6- 41.8- 14.2 馬なり余力
2013/07/04 <所有馬情報>
在厩場所:函館競馬場
調教内容:函館Wコースで3日に時計
次走予定:7月13日の函館・D1,700mの番組
加藤征弘調教師「状態は良いですし、今週も終い13-13ぐらいやっているので、今週使えるなら使っていこうと思いますが、想定を見る限り多分無理でしょうね。来週は鞍数が増えるので、使えると思います」
2013/07/04 <出走情報>
ロレーヌクロス  /日曜日の函館8R・D1,700m[54 藤田伸二]に出馬投票しましたが、
          非当選で除外となった為、来週以降の出走予定となっています。
2013/07/03 <調教タイム>
ロレーヌクロス  /助 手3函W良     70.6- 54.9- 40.2- 12.9 一杯に追う
    ミスワイキキ(三未勝)馬なりの外を0.6秒先行同入

ローブティサージュ
2013/07/12 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン、トレッドミルでハロン24秒のキャンター
次走予定:未定
担当者「この中間もマシンとトレッドミルの調整ですが、馬体重は456㎏と前回の計量から変わりないですね。やはりもう少し余裕を持って造っていきたいという思いもありますし、秋競馬が目標で時間的にも余裕がありますので、もうしばらくはゆっくり進めていきたいと思っています」」
2013/07/05 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン、トレッドミルでハロン24秒のキャンター
次走予定:未定
担当者「だいぶ馬体も戻って、春のG1戦線を戦ってきた疲れも取れたようですので、今週からトレッドミルの調整を始めました。秋競馬まで待機することになりましたが、まだ時間はありますので、焦らずじっくり進めていきたいと思います」

スペシャルギフト
2013/07/12 <所有馬情報>  -----------------
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回周回コースのみ2,400mをハロン22秒、週3回周回コース2,400mをハロン20秒に屋内坂路をハロン18秒。
次走予定:未定
担当者は「この中間はトモに疲労を溜めないように、坂路でのペースを落として調教をしています。今後も数週間はペースを上げたり、落としたりと微妙な調整をしながら、馬に合わせた調教を行っていく予定です。気持ちを出して走るので、登坂時の動きや脚捌きはとても素軽く素質を感じますが、調子の良い時と比べるとやや物足りないので、あまり負荷をかけずガス抜き程度に止めています。調教期間が長いとこういった調子が落ちる時期がありますが、いかにこの時期に運動を継続できたかがその後に大きな差となりますので、馬にはなんとか乗り越えてほしいところです。今後は馬の気持ちと体力面をうまく折り合いをつけながら調整していきます。」

キングオブタイム
2013/07/12 <所有馬情報>  -----------------
在厩場所:北海道・ファンタストクラブ
調教内容:ダク2,000m、屋内ダートコースでダクとキャンター3,200mか、坂路2本
次走予定:未定
牧場長「脚元の不安もほぼ解消し、順調に調教を消化しています。坂路調教では週に2回15-15も入れていますが、抑えて行っても14秒を切ってしまうような勢いです。先日加用調教師も見えられ『9月までには入厩させましょう。兄姉の中でも一番だと思うから今から楽しみです』と仰っていました。馬体重は500㎏です」

サンタエヴィータ
2013/07/12 <所有馬情報>  -----------------
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港在厩
調教内容:週1日は屋内坂路コースでハロン14秒のキャンター1本、週2日は屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター2本、週4日は屋内周回コースで軽めのキャンター2,400m
次走予定:未定
担当者「ペースを上げて調教を進めていますが、この馬の良い点が次々に明らかになってきますね。騎乗者の指示に素直で、とてもスムーズな加速をしてくれます。かと言って、無駄に行き過ぎることもありませんので、折り合いに不安がありません。しっかり脚が溜まっているところに筋力の強さが備わり、反応の良さが際立つんでしょうね。ちょうど馬が良くなっているところなので、もう少し牧場で乗り込んでも良いと思いますが、仕上り自体はそろそろ入厩を視野に入れて良い状態になって来ています。秋の王道デビューから来春の活躍を大いに期待したい一頭ですね。馬体重482㎏です」

シルクホースクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)

プライマリーコードに期待

ディアマイベイビー
7/2  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間もトレッドミルを中心とした調教を行っています。体調はいいですし、馬体の見た目も張りが合っていい気配です。馬体はもう少し余裕を持たせたいので、トレッドミルで体を解しつつふっくらとさせていきます。精神面もリラックスできていますよ」(NFしがらき担当者)

オレアリア
7/2  NF空港
周回ダートコースでダクと軽めのキャンターを行っています。「乗り運動開始後も状態は変わりありませんでしたので、この中間からは軽めのキャンターを取り入れています。直ぐの競馬を考えている馬ではありませんし、ある程度時間をかけつつ鍛えていきたいと思います」(空港担当者)

クリーブラット
6/28 NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m周回ダートコースでキャンター2500mの調整メニューを中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~16秒のキャンターで2本元気に駆け上がっています。しっかり乗り込みを継続できており、ハロン15秒台の調整でも堪える面はありません。坂路コースでは順調な組にまったく見劣りしないパフォーマンスを見せてくれますので将来への期待は膨らむばかりです。

プライマリーコード
7/12 函館競馬場
12日はゲート試験を受け、無事合格しました。「ゲート練習でも最初からセンスのいいところを見せていましたので今朝、試験を受けたところ、無事合格したと現地のスタッフから連絡が入りました。このあとデビューまで進めるか一度放牧に出すかは、馬の状態をよく見て、スタッフと相談して決めるつもりです」(佐々木師)
7/11 函館競馬場
10日、11日はゲート練習中心の調教を行いました。「この中間もゲート練習中心に調教していますが、気性も素直でおとなしく、順調にこなしてくれているとのことです。これなら、近々試験を受けることができるだろうと現地のスタッフから報告を受けていますよ。まずは試験を受け、デビューまで進めるか一度放牧に出すか考えるつもりですが、馬は思った以上にしっかりしているようで、ここまではなんの不安もなく来ていますよ」(佐々木師)
7/4 函館競馬場
3日、4日はゲート練習中心の調教を行いました。「先週末に無事函館競馬場へ入厩しています。軽く乗りながらゲート練習を行っていますが、昨日ゲートから出した感じではすぐに受かりそうですと現地のスタッフから報告がありました。今のところは、特にうるさいところも見せていないようですし、まずはゲート試験合格に向けて進めていきます」(佐々木師)

スタートレイル
6/28 NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調教を行っています。6月15日の阪神競馬で半兄ジャイアントリープが見事な勝利を挙げたことにより一層期待の高まる本馬ですが、調教で見せる動きからは兄にヒケを取らない素質を秘めていることが感じられ、今後の成長が楽しみでなりません。今はその素質の芽を開花させるため、必要となる土台を築いているところですので、焦らず丹念に乗り進めていきます。

キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)

海外出張

7月1日~13日まで

海外出張にて音信不通になります。

ローブ秋目標

6月22日出走 牡馬
ロレーヌクロス  /函館7R 500万下    [D1,700m・13頭]10着[4人気]
秋山騎手「休み明けの分もありますが、全体的にピリッとした感じがなかったですね。
集中力もあまり持続しないようで、向こう正面でペースが落ち着いたときに、この馬も
走るのをやめてしまう感じになって、そこからシフトチェンジしてくれませんでした。
この一戦だけでは何とも言えませんが、短いところの方がいいのかもしれませんね」
加藤征師「距離云々というよりも、集中力が続かないようですね。それに時計が速過ぎ
ました。500万クラスの時計ではないですよ。同条件の9レースの方に回っていたら
3着になるタイムで走っているんですけどね。もう一度この距離を試してみたいので、
このまま函館に滞在し続戦します」

6月28日付 関西 牡馬
シルクアポロン  [父タイキシャトル:母ロイヤルオーキッド]
在厩場所:北海道・フロンティアスタッド 
調教内容:坂路コースでハロン18〜22秒のキャンター2本、週1回15-15 
次走予定:函館開催 
牧場長「坂路2本の調整で、引き続き週1回15-15を行っています。毛ヅヤも
とても良くなってきていますし、だいぶ良い状態になってきましたね。ここの
ところ、速いところをやっても喉はそれほど気にはならないですし、きっちり
仕上がってくれば問題ないのかも知れませんね。馬体重は535㎏です」

6月27日付 関東 牡馬
ロレーヌクロス  [父マンハッタンカフェ:母ウィストラム]
在厩場所:函館競馬場 
調教内容:函館Wコースでキャンター 
次走予定:7月13日の函館・D1,700mの番組 
先週10着でした。やや出遅れ気味のスタートとなり、無理せず道中は中団の後
ろあたりを追走、3・4コーナー中間付近から押し上げを図りましたが、思う
ように差は詰まらず、中団のまま流れ込んでいます。 
調教師「競馬の後も変わりないです。中1週でも使える状態ですが、来週はD
1,700mの鞍数が少ないので、入らないと思います。中2週なら、牝馬限定戦を
含めて3鞍あるので、使えるのではないかと思います」

6月28日付 関西 牝馬
ローブティサージュ[父ウォーエンブレム:母プチノワール]
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港 
調教内容:ウォーキングマシン 
次走予定:未定 
担当者「引き続きマシンの運動で様子を見たことで、馬体重は456㎏まで増
えてきましたが、もう少し増やしたいところです。これから仕上げていく中で
減る分もありますからね。クイーンSまであと1ヶ月ほどですし、急仕上げに
なってしまうと思うので、無理せず秋に照準を定めた方が良さそうですね」

6月28日付 関西 牡馬
スペシャルギフト [父スペシャルウィーク:母スーヴェニアギフト]
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来 
調教内容:週3回は周回コースでハロン20秒のキャンターと坂路で15-15、
     週3回は周回コースでハロン22秒のキャンター2,400m 
次走予定:未定 
担当者「この中間、トモに若干の疲労を感じた為、1週間ほどペースを落とし
ていましたが、現在は調教内容を元に戻しています。無理せず楽をさせてあげ
たので、周回・坂路ともに元気一杯で、馬の前進気勢が以前よりも増してきま
した。この時期の2歳はこういったことの繰り返しで力をつけていくことが多
いので、今後も疲れを感じたらペースを軽くするなど、馬に合わせた調教を行
っていきます」

6月28日付 関西 牡馬
キングオブタイム [父キンググローリアス:母クイーンオブタイム]
在厩場所:北海道・ファンタストクラブ 
調教内容:ダク2,000m、屋内ダートコースでダクとキャンター3,200m 
次走予定:未定 
牧場長「右前脚の球節付近の疲れのため、大事を取って周回コースで軽めを乗
っていましたが、今週からは元のメニューに戻し、週1回は15-15も入れてい
ます。1日も休まず運動してきた効果で、精神的にもだいぶ成長しました。以
前つけていたメンコも最近は必要ありません。馬体重は500㎏です」

6月28日付 関西 牝馬
サンタエヴィータ [父Smart Strike:母エヴィータアルゼンティーナ]
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港在厩 
調教内容:週1日は屋内坂路コースでハロン14秒のキャンター1本、
     週2日は屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター2本、
     週4日は屋内周回コースで軽めのキャンター2,400m 
次走予定:未定 
担当者「週1本は14秒の調教を開始しました。ペースを上げても決して催促し
ている訳では無くて、この馬のフォームでしっかり走れています。調教を進め
ながら馬体重が増加していることが示すように、筋肉量が増え、走りにも力強
さが出てきています。見た目も中身も良くなっていることが手に取るようにわ
かりますね。間違いなく言えることは、最近で急激に良化してきている1頭だ
ということです。調教過程、馬体の成長ともにここまで非常に順調に来ていま
す。これも間違いありません。馬体重は475㎏です」

シルクホースクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)

| NEXT>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。